スペードの3

著者 :
  • 講談社
3.43
  • (58)
  • (229)
  • (263)
  • (55)
  • (13)
本棚登録 : 1626
レビュー : 267
  • Amazon.co.jp ・本 (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062188500

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『スペードの3』『ハートの2』『ダイヤのエース』の3部構成。
    同じ女子として、スペード…とハート…は共感できてしまうとこもあったり。女子っていろいろ大変だよね。
    そんな女子の気持ちも書けてしまうのか!!と朝井リョウさん作品だったということを一瞬忘れてました。
    個人的には同じ同級生シリーズもっと読みたいなぁ。
    五十嵐君の目線からだとどんな風に写っていたのか、とか。

    それから『クラブ』はないの?と余計なところが気になるw
    3から始まっちゃったから仕方ないのか!?

  • 【革命は待っていてもこない】
    感情移入先:むつみ

  • 何者と似ているなーと。何者かになろうとする自身の葛藤が描かれている姿を書くのがお好きなのかな。

  • 今年の中3の学力推移試験の国語の問題に使われた本。テストの問題を解き終わった後に面白くて、もう一回戻って試験時間が終わるまで何度も読み返した。テスト中に面白くて、単行本を買いました。

  • 途中まで面白かったが、終わり方が少し物足りなかった。
    一人目、二人目は共感できるところ、こういう人いるなと思えるところ、あったけど、女優の三人目は突然別世界の人の物語になっていたのが残念。身近じゃなくなったのが残念。

    前半。小学校の頃を思い起こしたりして、興味深く読めた。

    私は呼び名を変えることから始めたよ
    革命なんて怒らない
    自転車を立ち漕ぎをしたくなる感覚

    朝井さん、年下とは思えない描写力。妄想力。クラスで孤立していた子も描けるんだから素晴らしい感性。想像力。

    人が羨む立場にいる人でも、手に入れられず欲するものがある。人間は欲深き生き物。

  • なかなか。呪いが解ける瞬間が、あるのだなぁ。

  • 女性の嫌な部分がリアルに描かれている。女は子供の頃から女である。

  • 某宝塚で活躍していた男役、卒業後は舞台を中心に活躍するも塚時代からの同期に常にライバル心をひきずり、この先の展望を見失いそうになっているつかさ。子ども時代からまわりを取り仕切り、つかさの引退後もそのファンを取り仕切ることに生きがいを見出している美知代。美知代と小学校時代同級生でコンプレックスの塊のむつ美。それぞれの物語の最後に小さなドンデン返しがあるが、最後の章つかさの物語にはもう一つ思いがけない展開があってもよかったのではと思う。

  • ミュージカル女優のファンクラブ会長としてメンバーを支配する自分に酔う美知代。ある日、美知代の小学校時代の同級生がファンクラブに入会したことから、築き上げた城が崩れ始める。

    ウソで塗り固めて理想の自分を演じ続ける女と、そういう女の欺瞞に付き合わされる女。そして、今の自分から抜け出したい女。3人全てに共感してしまった自分も怖い。

  • デビュー時に感じたみずみずしさもかすみ、人間描写もややワンパターン化した感じ。この物語はそれに輪をかけて設定と人間関係がわかり辛かった。

全267件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

朝井 リョウ(あさい りょう)
1989年、岐阜県生まれの小説家。本名は佐々井遼。早稲田大学文化構想学部卒業。
大学在学中の2009年、『桐島、部活やめるってよ』で第22回小説すばる新人賞を受賞しデビュー、後年映画化された。
大学では堀江敏幸のゼミに所属し、卒論で『星やどりの声』を執筆。2013年『何者』で第148回直木賞を受賞。直木賞史上初の平成生まれの受賞者であり、男性受賞者としては最年少。『世界地図の下書き』で、第29回坪田譲治文学賞受賞。
その他代表作に『少女は卒業しない』、映画化された『何者』がある。

スペードの3のその他の作品

スペードの3 (講談社文庫) Kindle版 スペードの3 (講談社文庫) 朝井リョウ
スペードの3 (講談社文庫) 文庫 スペードの3 (講談社文庫) 朝井リョウ

朝井リョウの作品

ツイートする