シモネッタのどこまでいっても男と女

著者 :
  • 講談社
3.62
  • (1)
  • (7)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 41
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062188760

作品紹介・あらすじ

「四十過ぎて好きになった飴はやめられない」と、イタリア男に三百通を超えるラブレターで口説かれて……百戦錬磨のシモネッタが繰り広げる、涙と笑いの人生劇場。

イタリア語同時通訳者として第一人者の著者が、若き日々、己が人生を振り返って綴る、痛快無比のエッセイ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • シモネッタだけあり下ネタ満載だが、不思議と気品を感じる。ユーモア溢れる毒舌表現。この作者が広島原爆の被爆者家族など到底信じられない明るさ。

  • 第4章の「シモネッタの忘れ得ぬ男たち」はこれまで読んだ話から想像できる内容だったが、第3章の「波乱万丈な父母の人生」では原爆のことや引揚者の苦労話が出てきて、思わず膝を打つことが多々あった.広島弁でしか表現できない件もあり、楽しく読めた.

  • 面白かったです。

  • 914.6

  • 久しぶりの新刊。
    今回はイタリアの話題はかなり薄く、(4章あるうちの1章のみ)、
    田丸さんとご主人との関係、自分と夫の両親の夫婦関係が軸となっている。

    http://www.horizon-t.net/?p=1607

  • 装画を描かせて頂きました。
    笑えて泣けるエッセイでした。

  • 久々の新刊!

    講談社のPR
    「「四十過ぎて好きになった飴はやめられない」と、イタリア男に三百通を超えるラブレターで口説かれて……百戦錬磨のシモネッタが繰り広げる、涙と笑いの人生劇場。

    イタリア語同時通訳者として第一人者の著者が、若き日々、己が人生を振り返って綴る、痛快無比のエッセイ。」

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

(たまる・くみこ)
広島県出身。東京外国語大学イタリア語学科卒業。イタリア語同時通訳の第一人者であり、エッセイスト。大学在学中から来日イタリア人のガイドを始めた。著書に『パーネ・アモーレ―イタリア語通訳奮闘記』『シモネッタのデカメロン イタリア的恋愛のススメ 』『シモネッタの本能三昧イタリア紀行』『 シモネッタのドラゴン姥桜』『シモネッタの男と女』イタリア語通訳狂想曲 シモネッタのアマルコルド』などがある。軽妙で味わい深いエッセイのファンは多い。

「2014年 『シモネッタのどこまでいっても男と女』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田丸公美子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×