幸せをつくるシゴト 完全オーダーメイドのウェディングビジネスを成功させた私の方法

著者 :
  • 講談社
4.13
  • (29)
  • (34)
  • (14)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 320
感想 : 27
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062188883

作品紹介・あらすじ

キャリアに迷うすべての人、やりたいことを見つけたいあなたへ。
一生懸命働いているのに、理想の人生からは少しずつ離れていく気がする日々。人生のすべてだと思っていた会社を辞めて、一ヵ月の一人旅に出たのは著者が27歳のとき。
そこで見つけた「こう生きたい」という想い。多くの人が今の社会で働くことに疑問を持ちながらも、人生に折り合いをつけて生きている。そんな社会に対し「意志をもって生きる人を増やしたい」という想いを胸に、業界経験ゼロから起業を決意。
不可能と言われた「完全オーダーメイド」の結婚式を実現し、そのビジネスモデルが話題を呼び、起業一年足らずでビジネスは成功、業界の革命児となる。
特殊な環境で育ってきた著者が、葛藤しながらたどり着いたのは、「働く人もお客様も幸せになれるシゴト」だった。山川咲の生い立ちから起業までのストーリーは講演会やフェイスブックで就活生や若手社会人に勇気を与え、励ましている。
本書は、業界初「オーダーメイド・ウェディング」創造の軌跡を自ら綴った涙と感動のストーリー。

<目次>
第一章 ワゴンカーから始まった半生
第二章 社会人生活が教えてくれたこと
第三章 人生を変えた旅
第四章 そして始まり
第五章 crazy wedding始動
第六章 最初の一年を超えて
第七章 今、そして未来

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 文章からも伝わるパワフルさに圧倒された

    少々臭いな、クドイな、とすら感じてしまった部分もあるが、それぐらいの生命力を持っているからこそ、ここまで大きなビジネスを成功させられたんだろうなと思う

    10代で一人旅に行き孤独を味わったこともあり、意志を持って生きることは日々心がけているつもりでもあるので、そこまで大きく響くものは正直なかった

    けど、このエネルギーを常に忘れずに、これからも生きていきたいと思えた
    咲さんのように、自分の好きなことや得意なことで人を喜ばせられる、そんな天職を私も見つけたい。

  • 【読み返す!】
    オーダーメイドの結婚式を提供するcrazy wedding代表の山川咲さんの人生を振り返った一冊。

    自分で決めるしかない。旅に出る。助けを求める声を出す。お金がなくても気持ちは明るくできる。

  • <学生コメント>
    夢と希望を持って薬学生になりました。
    薬学生は薬剤師になる運命かもしれない、心に折り合いをつけて生きなければいけないかもしれない。でもそんなので良いのか?!と思った人たちを励ましてくれる本です。

  • 前半の山川さんの生い立ちや、
    オーストラリアに旅に出るまでの話はとても面白かった。
    孤独に立ち向かい、優等生として人に認められるために努力してきたひと。
    就活も3社に内定をいただきながら、ベンチャーに入り会社を躍進させたひと。
    後に会社という箱の中に押し込められて本当に自分がなんのために生きているのかわからなくなったひと。
    その中で全てを捨てて乗り出したオーストラリアでのひとりたび。
    ひととのあたたかさやふれあいに触れて。

    いろんな部分で重なるところがあって。
    自分もニュージーランドに行った時に飛行機で隣の女性が助けてくれて連絡先交換してくれり、
    海外に出る度、ひとのあたたかさに触れてきた。

    みんなより違う考えをもったりするのもそこからかも。
    けどこんな血を揺るがすくらいの大きなおこをできるのはこのひとやったからなんちゃん〜
    と違う目線で見てしまう。
    ビジネスの立ち上げとかも。

  • 20代半ば、転勤先で公私共にうまくいかなかったときに出会った一冊。不満と不安ばかりだったあの頃、この本の中の力強い言葉に何度も励まされた。

  • この本を読んで"自分の人生に意志を持って生きること"を大切にしたいと思った。

    "失うことを恐れて、挑戦できないことは人生を失うことである"という言葉にハッとした。
    私は無意識のうちに、これまで大したことのない安心を守るために、やりたいことが出来ていない現状を無理矢理受け入れようとしていたのだと思う。

    他にも、将来いつかくると思っている幸せのために今を犠牲にするのではなく、今この時を楽しまないとダメだと思った。

    筆者はとても前向きな方で、周りに希望を与えられるような存在でいるため、きっと目の前のことに全力で取り組まれる方なんだろうと思う。

    私も筆者に負けないように、
    ・やろうとする意志があれば大体のことは出来る
    ・今までに積み上げてきたものを守ろうとするあまり、挑戦をやめるのはもったいない
    →何かを守る人生より冒険を続ける人生
    ・自分の人生なんだから自分の"こうしたい"をもっと大切にする
    という姿勢で生きていこうと決意した。

    「意志あるところに道は開ける」をモットーに、人生を全力で楽しみたいと思う。

  • 小さい時からワゴンカーで暮らしていたり、千葉のど田舎に住んでいたりなど、文字通り波乱万丈な人生を歩んでいた著者。そんな人生を糧に、社会人5年目に退職し、海外へ旅に出るー。そこで、人生への考え方が大きく変わった著者は、人を幸せにするため、自分が幸せになるため、ブライダル事業に革命を起こす。

    今、どんな仕事に就くか悩んでいる自分にとって、「好きなことで仕事をしてもいいんだ!」、「人の幸せのために仕事するってこんなに楽しいことなんだ!」など、とても参考になりました。
    自分も大きな感動で人生を変えたいので、来週、日本一の場所である富士山に行くことにしました笑。

  • 「意志を持つ」ことを意識する。
    できそうで、意外と簡単にはできないこと。

    今の環境に安住したくなってしまうのが人、だけど
    実現したい夢をぶれずに追求することの大切さを感じた。

    "失うものが仮にあったとしても、挑戦できずに人生を失うよりも、大きなことであるはずがない。"

  • まるでおしゃべりしてる咲さんの話を聞いてる、みたいな感覚。
    失うものは何もない。その行動がプラスになるかマイナスになるかしかないのに。
    マイナスな評価=喪失に通じてる、と自分は思ってると再確認させられた。
    咲さんはいろんな人の後押しがある。周りにも相談する。咲さんの力はすごいけど、人から力をもらえる人。すてきだな。

全27件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1983年東京生まれ。crazy wedding代表、ブランドマネジャー。元フジテレビのアナウンサーだった父が会社を辞め日本一周ワゴンカーの旅へ出たのが3歳のころ。2年近いワゴンカーでの暮らしの後、千葉の片田舎に住むことを親が決める。大自然の中、15歳まで自分でお風呂を薪で焚くような生活をして葛藤しながら育つ。大学卒業後、ベンチャーのコンサルティング会社へ入社。5年間の社会人生活にピリオドを打ち、退職後一人オーストラリアへ。帰国後、「意志をもって生きる人を増やしたい」という想いを実現するために起業。業界で不可能と言われ続けた人生を表現するオリジナルウェディングのブランド・crazy weddingを立ち上げ、代表を務める。業界の革命児として、業界内外の人たちと妥協のないウェディングをプロデュースし、起業わずか1年足らずで人気ブランドとする。

「2014年 『幸せをつくるシゴト 完全オーダーメイドのウェディングビジネスを成功させた私の方法』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山川咲の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デイル ドーテン
佐々木 圭一
伊賀 泰代
稲盛和夫
ロンダ・バーン
有効な右矢印 無効な右矢印

幸せをつくるシゴト 完全オーダーメイドのウェディングビジネスを成功させた私の方法を本棚に登録しているひと

ツイートする
×