テッペン! 死ぬまでに見たい、富士山頂からの絶景

著者 :
  • 講談社
3.94
  • (3)
  • (9)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 47
感想 : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (96ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062188937

作品紹介・あらすじ

※これは富士山の写真集ではありません。
富士山頂からの、絶景集です。
山頂に登った人にしか見られない、
登っても見られるとは限らない、
一期一会の瞬間。
それはウルトラパワースポット、
富士山がくれる天からの贈りもの──。

日本人にとってもっとも特別な山、富士山。古くから神が宿る聖地として崇められ、
その優美かつ壮麗な姿は世界中の人々をも魅了してきた。
「いつか一度は!」「一度で充分」「登る自信がない……」
──どんな人も、遠くから眺めているだけでは決して出会えない景色があります。
もし、富士山に登らずして登った以上の“見たことない”世界が見られるとしたら──!? 
夜明け前~ご来光~湧き上がる白雲~燃える夕日~輝く街の灯~天の川……
山頂で出会った神々しいまでの瞬間をより抜き、
霊峰・富士からの、一生に一度は見たい絶景をここに!
自分に、大切な人に、そんな天からの贈りものを。

巻末には、富士山頂からの絶景撮影をライフワークとする著者による
「初めての富士登山を成功させる10の心得」「テッペンを10倍楽しむモデルプラン」も収録。

人生が変わる奇跡の大パノラマ、そのパワーを凝縮した、
まったく新しい富士山の本!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • わかったのは、
    富士山が『霊山』と呼ばれるワケと、
    宮沢賢治が好んで『岩手山』に良く登っていたワケだ。

    山から見下ろす…
    又、更に見上げる景色の雄大さには、確かに心が震えてしまう。

    写真でさえ、あっという間に心の旅路に出てしまうのに、実際目にしたら、
    どんな<思い>が生まれるんだろう?
    富士登山は容易な事ではないが、興味は津々。

  • OPACの詳細情報は以下のURLをクリック!
    https://opac.eiyo.ac.jp/detail?bbid=2000024357

    こちらの本は貸出できます。
    館内に展示中なので、見に来てください♪

  • 御来光は絶対に目に焼き付けたいし、雲の上の空気は澄んでいるなんていう形容では済まされないのだと思う。

  • 素晴らしい!

  • 太陽に最も近い日本の霊峰富士。山頂からの絶景はこの世にあってこの世でない壮麗さがある。雲と光の織りなす天上世界。天使の羽音が聞こえてくる。彩雲は幾重ものグラデーションからなり、神々が描いた無限の色彩が重なり合う。眼下に広がる巨大都市の輝き。しんとした霊気に鋭く感覚は研ぎ澄まされる。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

小野/庄一(おの・しょういち)
1963年岐阜県揖斐川町生まれ。
東京経済大学、写真専門学校を卒業後、『AERA』(朝日新聞出版)の委嘱写真記者を経て独立。
満100歳以上の人々のポートレイト「100光年」で第30回太陽賞(平凡社)を受賞。受賞作は写真集『百歳王』(新潮社)として上梓。
満100歳以上のお年寄りを「百歳王」としてそのポートレイトを撮り下ろすいっぽう、富士山頂から望む一期一会の絶景をとらえることをライフワークとする。
著書に『百歳王―笑顔のクスリ 横浜編』(八坂書房)、共著に『寄り添う般若心経』(小学館)など。
iPhone&iPad用アプリ『富士山「天の力」』『寄り添う般若心経 』もリリースしている。
小野庄一公式サイト『どちらもテッペン! 百歳王&富士山』http://www.ono-show.info
ブログ『テッペン!』http://fujiyama3776.jugem.jp/

「2014年 『テッペン! 死ぬまでに見たい、富士山頂からの絶景』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小野庄一の作品

ツイートする
×