勉強したがる子が育つ「安藤学級」の教え方

著者 :
  • 講談社
4.14
  • (3)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 40
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062188999

作品紹介・あらすじ

「先生! もっと勉強したい!」奇跡の授業に詰まった、子どもが伸びる理由のすべて。「なぜうちの子は発表できないの?」「なんで原稿用紙を前に考えこんでしまうの?」そんな悩みを持つ親、若い先生、そして教師を目指す学生に。家庭で教室ですぐに役立つ「子どもを導くヒント」が満載。たった1ヵ月で、どんな子でも「どんどん発表できる」「わくわく作文が書ける」「短所が直り、長所がグングン伸びる」

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 読了20200723

  • 小学校の先生が書かれた本ですが、子供たちに対する姿勢が素晴らしく、子育て中の私にとってとても勉強になった。子供たちの普段の様子をしっかりみて、心を掴んで、やりたい気持ちを伸ばしサポートする。シンプルですが、なかなか大変な事を着実にしっかりと…何事も近道はないですね。

  • 教師の授業力の大切さをを痛感する一冊です。

  • 失敗からヒントを見出せる人は決して元気を失わない: Meet Up 大阪 @ blog
    http://meetuposaka.seesaa.net/article/405795335.html

  • 教育に対してとても情熱を感じる一書だった。子どもの成長のためにがんばる。指導を受けた子どもの感想文がそれを物語っていた。このような先生が増えればいいなと。だから僕もがんばりたい。

  • ○元小学校教諭で、先生(教育者)の育成に力をいれている、安藤氏の著作。
    ○「子どもたちが勉強を楽しめるための授業」をテーマに、自身の経験を踏まえた教育論について、具体的な方法を提示しつつまとめたもの。
    ○全体として、教員又は教員志望者向けの内容となっているため、一般的ではない印象を受けるが、「子供がどのようにして勉強に取り組むのか」とか、「子供はどのようなことに関心を持っているのか」など、勉強面について参考になる。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1948年北海道生まれ。北海道教育大学旭川校卒業後、小学校教諭として子どもたちの教育に専心。現在は、特別指導員として子ども、教員、学生、保護者を対象に授業や教育講演を行うほか、地元北海道で若手教員育成のための勉強会「安藤塾」を30年にわたって主宰する。
苦手意識のある児童に「これならできる!」と自信を持たせ、主体的に楽しんでもらいながら学力を伸ばす手腕に定評がある。なかでも、作文が苦手な子と向き合い続けて編み出した独自の作文指導法は、「たった3日で、誰でもスラスラ作文が書けるようになる」と評判を呼ぶ。「作文が書けない理由」を一つひとつ解決し、作文を好きになってもらう指導法を学ぼうと、北海道はもとより日本全国から授業の参観者が集まるほどの人気ぶりとなる。本書は、3日間の授業で行われる作文指導を、家庭で学習できるように凝縮してまとめ直したもの。
著書に、『勉強したがる子が育つ「安藤学級」の教え方』(講談社)がある。

「2019年 『小学校6年生までに必要な作文力が1冊でしっかり身につく本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

安藤英明の作品

ツイートする
×