稚拙なる者は去れ 天才心臓外科医・渡邊剛の覚悟

著者 :
  • 講談社
3.80
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062189286

作品紹介・あらすじ

数々の難手術を成功させ、以前なら、なす術のなかった患者たちの命を救ってきたことから「現代のブラック・ジャック」「天使の手をもつ心臓外科医」などと称される金沢大学の渡邊剛教授。日本で初めて「オフポンプ手術」(人工心肺を使わず、心臓を拍動させたまま行う手術。天皇陛下の狭心症手術で一躍有名になった)を成功させ、スタンダードな技術として確立すると同時に、わが国では他にできる者がいない「ロボット手術」や「アウェイク手術」も日常的にこなす人物です。血管を吻合するスピードは一般の5倍といわれる手早さ、執刀した手術の成功率は、世界一の99.5%。
 若き日は、ドイツで心臓外科の父と呼ばれるハンス・ボルスト教授のもとで修行し、技術だけでなく、「人に頼るな」という教えを叩きこまれました。人に頼るなとは、権威や因習、序列、流行ではなく、自分で判断するということ。この反骨精神が、渡邊医師の生き方を貫いてきました。
「ブラック・ジャックになりたい」と夢見た少年は、世界最高レベルの医者となったいまでも、「とにかく患者と関わりたい」と、多忙をきわめながらも、手術前の患者と、その状態を知るため、直にメールでやりとりをします。手術費を払えない子どもが患者のときには、費用を自腹で負担することもあるといいます。
 本書は渡邊医師のこれまでの軌跡と、さらなる医療への夢を追います。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • スーパードクターと言われる人達は周りにとっては迷惑ではあるが、この人はどうなのか。
    教授を辞めた理由は知らないが、その後の混乱は周りを巻き込み困ったものだったろう。
    誉め殺しかと思いきや、みなが新病院に集まったなら、本気なのかも知れない。
    なかなか興味深かった。

  • 2015年3月新着

  • 2階書架 : WG190/HOS : 3410158662

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

ジャーナリスト

「2015年 『加賀屋の流儀 極上のおもてなしとは』 で使われていた紹介文から引用しています。」

稚拙なる者は去れ 天才心臓外科医・渡邊剛の覚悟のその他の作品

細井勝の作品

ツイートする