立ちそばガール! そば このファストで奥深い世界

  • 講談社
3.12
  • (0)
  • (7)
  • (15)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 65
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062189453

作品紹介・あらすじ

日経ビジネスオンラインに先週まで24週連載。男の世界 立ち食いソバの店に突入し、女子目線、初心者目線でルポするとともに、立ちそばの奥深い世界を徹底追求した実用食エッセイ。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/person/20130514/248072/?rt=nocnt
立ち食いといえど、材料や作り方にこだわり、客も貧乏だから、というわけではなく、味のこだわりを感じる人たちだったということ。作る側も料理人のプライドを持っておいしさを追求しています。
それぞれの店の特徴や味の違いを紹介しつつ、蕎麦という本来のファーストフードの本質に迫る、楽しいイラストがつく実用食エッセイ本。山ガールに続いて男の世界「立ちそばガール」へ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • そばが食べたい。

  • 役立ちます。

  • 女子にとって立ち食いソバがいかに敷居が高いかを知った。

  • そば,そしてかき揚げが食べたくなった。

    うんちくはいいからもっとメニューとか紹介して!!

  • マツコの知らない世界を見て。
    ご本人を見てからなのでイラストとイメージは違ったが、くどい感じとかちょっとずれた感じが面白かった。
    おそば食べたい!
    舞茸天は私も大好きなので気になる〜

  • 立ちそば屋のレポートをする女子の話。
    自らも蕎麦打ちをするという著者ならではのそばに対する考察はなかなか。
    だが、文章がどうにもしっくりこない。安っぽいんだよなあ。
    立ち食い蕎麦屋で「まずはつゆをつけずに麺だけを食べる」とか、どうなんだ?
    さらには女子目線による、椅子が無いだの、食後はくつろぎたいだのって言う時点で、なんとなく読む気が失せてくる。

    また、イラスト(というかひとコマ漫画のような物)と文章とのレイアウトがどうにかならないものか。
    文章を読み進めたいけど、関連した絵がページの上下に記載されており、文章の途切れ(読点)から自然にイラストへ視線を移せるレイアウトになっていないため、文章への集中力が絵によって遮られてしまう。
    全体的に、読者のことはあまり考えずに作られた体裁に感じる。
    ということで、星は二つ。

  • 女性目線での立ち食いそば案内。
    確かに、立ち食いそばって女性は入りづらいんでしょうね。あんまり、女性が食べているところに当たったところが無い気がします。
    (座席のある店舗なら荘でも無いかな?)
    混んでいる時間を避けての取材は好印象、まずつゆをつけずに蕎麦だけ食べて、ってのは TPO をわきまえていない感じで悪印象ってところ。
    そりゃ、おいしい店も多いんだろうけど、立ち食い蕎麦だからね。

  • 読んでると立ちそばやさんに行きたくなる。都そばくらいしかないしなー。

  • 仕事を終え、開演までの短い時間を有効に活用するために。

  • そういえば、昔は「男の聖域」的だった

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

イラストライター北海道室蘭市生まれ。桑沢デザイン研究所グラフィック研究科卒。文具メーカーで企画・デザインに携わり、その後フリーに。イラストルポなどを中心に仕事。danchuでもイラストレポを執筆。
http://ameblo.jp/elmaito/

「2014年 『立ちそばガール! そば このファストで奥深い世界』 で使われていた紹介文から引用しています。」

立ちそばガール! そば このファストで奥深い世界を本棚に登録しているひと

ツイートする