哀しすぎるぞ、ロッパ 古川緑波日記と消えた昭和

著者 :
  • 講談社
3.67
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (458ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062189804

作品紹介・あらすじ

「此の日記、なまじの小説よりは、後年読んで面白いこと受け合ひなり」(昭和二十年二月)。
1903年に男爵家の六男として生まれ、戦前戦中戦後と膨大な日記に生涯を書き記し、1961年舞台からそのまま入院先で病死した「喜劇王」古川ロッパ。大学在学中に映画雑誌の編集者となり文藝春秋社に入社するも、「声帯模写」の才をかわれ喜劇役者として時代の寵児となる栄光の戦前期。若き日の菊田一夫を見出し数々のヒット作を連発しながら戦時下を生き抜き、戦後は「エノケン・ロッパ」と後塵を拝する凋落の日々。稀代の二枚目・長谷川一夫がロッパを終生「師」と仰いだワケ、日本人喜劇役者初のハリウッド進出の舞台裏、黒澤明作品『七人の侍』キャスティングのもうひとつの真相──等々、谷崎潤一郎、武者小路実篤、徳川夢声、火野葦平、小林一三、森繁久彌、柳家金語楼の素顔まで、彼の日記が物語るのは同時代人の赤裸々な肉声と日々の営みであり、そこに見えてくるのは日本の爛熟と崩壊、そして再生への希求だった──。日記研究家として名高い著者が、史実とは異なる市井の時代模様を丁寧な筆致で浮き彫りにする“昭和の実録”渾身の評伝。

「七時半起き、四谷から砧へ。三島の宿の撮影してると、伏水が大変な事が起ったさうだと言ふ、今朝四時六時の間に、五・一五事件以来の重大な暗殺事件あり、首相蔵相等五、六人、軍部の手に殺されたと言ふ。その後流言ヒ語しきり、何処迄本当か分らず、無気味な気持のまゝ、撮影を続ける」(二月二十六日)
 首相は岡田啓介、蔵相は高橋是清、二・二六事件である。
 三島の宿の場面を五、六カット撮り、八時には徳山たまきとともに撮影所を出たが、渋谷周辺までくると戦車の姿を見かける。
「こんな日は、家へ帰って早く寝るのが一番でしょう?」と、ロッパは語りかける。
「そうだね」と、徳山は答える。
「こんな時だけ、家がいいんじゃない?」
「そうだね。でも、こういうときいいとこが、ほんとのいいとこさ」──本文より

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 『古川ロッパ昭和日記』(晶文社刊)が、かなり改変されたもの(日記原文から削除された箇所が4分の1ほどある)という。全文を閲覧できていないため、不十分とのことではあるが、それでも読みごたえあるボリュームだ。

  • 古川ロッパさんという希代の喜劇俳優さんを
    縦糸にした昭和史、昭和演劇史になっている

    戦争を挟んでの昭和史
    いつの世でも
    庶民はしたたかに生きていた
    いつの世でも
    うまく立ち回る奴はいたし
    いつの世でも
    正直すぎて生きるのが下手な奴もいた

    喜劇が単なる喜劇としてでなく
    その時々によって
    どのように位置づけられてしまうかが
    とても興味深い

    今の私たちの指標はなんだろう

  • 小森のおばちゃまがロッパが編集長していた映画雑誌の編集部にいたということを初めって知った。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

山本一生

1948年生まれ。近代史家、競馬史家。東京大学文学部国史学科卒業後は、富士石油入社し、おもに線形計画法を用いたシステム開発業務に携わる傍ら、競馬の歴史や文学、血統に関する翻訳やエッセイを発表した。1997年にフリーになると近代史に転じ、恩師である伊藤隆東大名誉教授のもとで『有馬頼寧日記』の編集に加わり、その後は「日記読み」として戦間期の日記をもとに時代を読み解く試みを行っている。
『恋と伯爵と大正デモクラシー:有馬頼寧日記1919』(日本経済新聞社)で第56回日本エッセイスト・クラブ賞受賞。
 その他の著作としては『哀しすぎるぞ、ロッパ:古川ロッパ日記と消えた昭和』(講談社)、『水を石油に変える人:山本五十六、不覚の一瞬』(文藝春秋)、『日記逍遙 昭和を行く』(平凡社新書)、『増補 競馬学への招待』(平凡社ライブラリー)、『書斎の競馬学』(平凡社新書)、『競馬学の冒険』(毎日新聞社)、『ああ、あたしのトウショウボーイ』(青土社)などがある。

「2021年 『百間、まだ死なざるや 内田百間伝』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山本一生の作品

ツイートする
×