この習慣さえあればいい 「幸福な心」のつくり方

著者 :
  • 講談社
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062190725

作品紹介・あらすじ

人生で一番大切なことは何でしょう。
これは、人が人として生きるための永遠のテーマ・課題ですが、結論から言ってしまうと、“幸福に生きる”ことです。
しかし、多くの人はそれがままなりません。
「仕事がうまくいかない」「人間関係で悩みを抱えている」
「家庭内に問題がある」「生活が苦しい」「健康状態がいまいちすぐれない」
などなど、さまざまな問題を抱えています。
仮にひとつの問題が片付いたとしても、また新たな問題が生じてきます。
結局、そのくり返しで、気の休まる暇がありません。
「これでは幸福に生きることを願っても、遠のくばかり……」
そう考えているのではないでしょうか。
しかし、幸福に生きるための方法は、実はそんなに難しくはありません。
むしろ、いたってシンプルで簡単なことといっていいでしょう。
心の状態をプラスにすればいいのです。この習慣さえあればいいのです。

そして、その具体的な実践方法をまとめたのが本書。
「時間」や「仕事」「人間関係」「逆境」「家庭生活」などなど、人生のさまざまな局面で、「この習慣さえあればいい」という一番大切なものがわかれば、刹那的な幸福でなく真実の幸福があなたを満たすでしょう。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • どんな時でも与える人になること。
    自らの周囲は、シンプルにしていくこと。

    そうすることで、自律し、周囲に分配していくことが出来、結果黄金律に従えるようになる。

    注意することは、がんじがらめにストイックにならず、たまには自分にも与えてあげること。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

東京都出身。著述家。学習院高等科、同大学卒業後、資生堂に勤務。独立後、人生論の研究に従事。独自の「成心学」理論を確立し、心を元気づける著述活動を開始。1995年、「産業カウンセラー」(労働大臣認定資格)を取得。著書に『「折れない心」をつくる たった1つの習慣』(青春出版社)、『平常心のコツ』(自由国民社)、『「いいこと」がいっぱい起こる! ブッダの言葉』(三笠書房)、『願いを9割実現する マーフィーの法則』(KADOKAWA)などのベストセラーがある。近著に『人生は「やめる」といつもうまくいく』(成美堂出版)、『自己肯定感のコツ』(自由国民社)など。


「2021年 『人間関係で「疲れない心」に変わる 言いかえのコツ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

植西聰の作品

ツイートする
×