明日は、いずこの空の下

著者 :
  • 講談社
3.79
  • (41)
  • (58)
  • (60)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 466
レビュー : 68
  • Amazon.co.jp ・本 (218ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062190886

作品紹介・あらすじ

高校生の頃から、これまでに訪れた様々な国々での出来事をつづりながら、
「あの頃の私」が「いまの私」になっていくまでを書いてみようと思います。(メッセージより)


小説現代2013年1月号(2012年12月22日発売)から約2年間連載されたエッセイを書籍化! 受賞記念特別寄稿2編をあわせた、22編を収録。
 
「国際アンデルセン賞」は1956年に創設された児童文学の本の分野で最も歴史と権威のある国際的な賞です。2年に一度、子どもの本の世界に最も貢献した作家1名と画家1名に送られます。選考水準の高さから、児童文学のノーベル賞と称されています。作家賞の受賞は1994年のまど・みちおさん以来の快挙です!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 図書館より。
    やっぱり上質な物語を紡げる人は、エッセイも上手いな~。
    最近縁があって、エッセイを読む事が多いんだが、読んでると何故か心がほっこりします。
    表紙のイラストも、素敵!
    文庫化したら、購入希望。

  • 旅を綴ったエッセイ集。
    なのですが、紀行文としてさほど異国情緒あふれるわけでもなく
    旅エッセイと聞いてイメージするほど、面白おかしいハプニングがあるわけでもありません。

    旅に出て、ふと広い空を眺めて、風に吹かれて雲の流れを見たり、違う言葉や匂いの中でぼんやりしたりするような空気感です。
    懐かしくでも色鮮やかな思い出のひとつひとつを取り出してきたような。

    エッセイとして面白いかと問われると、どうかな?と思いますが
    文化人類学の教授であり稀代の児童文学ファンタジーの担い手である上橋菜穂子さんが、
    こういう経験からバルサやエリンを生み出し、物語の世界を広げていったんだなぁという片鱗を感じられました。

  • やっぱり上橋さんは好きだなぁ。生まれ変わるなら、文化人類学者になりたい、といつも思う。また旅がしたくななった。世界の半分も知らない、というエッセイに少し目が開いた。沢山の国に行ったけど、まだまだ見てない。スコットランド、ウェールズ、イラン、行きたい。

  • やはり上橋菜穂子さんのエッセイは面白い!!ひとつひとつのエピソードが好奇心と発見と優しさに溢れ、世界をすぐ近くに感じました。
    ああ、もっとたくさんの作品を受容し、たくさんの人に出会い、もっともっといろんな世界を見てみたいなあ。

  • 上橋さんの著作を読んでいたときはもっと物静かな印象だったけど、こんなにバイタリティー溢れる人なんだ~、と驚いた。

  • 世界の半分を知らずに生きているってその通りだなあ、とぼんやり。
    海外に行ったことがない分、ちょっといってみたいな、と思わされました。
    あと、フレンチトーストとか食べ物がおいしそうに思えてくる。

  • 上橋さんの物語の原点にある児童文学の話や、旅先での失敗談などファンにとってはたまらないエッセイでした!
    けっこう食いしん坊なんですね。
    サトクリフの一言「ふたつの異なる世界を~云々」は、私も泣きました。大好きな運命の騎士が上橋さんも好きなのは、嬉しかったです。

  • あの魅力的な作品を生み出した上橋さんの原点がよくわかる一冊。20か国以上訪れているという、人並み外れた好奇心、行動力、観察力から積み上げた多くの経験が、昇華してあの大作に結びついたのだと納得。

    学生時代に読んだといういくつかの本へのわくわく感は、わかるわかる!と、とても共感を持った。温かいお人柄がエリンをはじめとする魅力的な人物たちに投影されていると感じた。あの骨太の堂々とした小説は、少女の繊細な好奇心から始まっていたのですね!

  • 上橋さんの人柄を垣間見れるエッセイでした^^
    表紙と扉の絵は、お父様が描かれたとか。とても素敵な絵で親子愛を感じさせられます。(お母様の話も多かったので余計にそう思うのかも)
    ちょっと気になるのは、ハードカバーなのに文章の下方の余白がとても多いこと。出版社の都合なのでしょうが、ボリュームから考えると余白をあまり入れずにもう少し価格を安くしてくれたら親切だったかなぁと思いました。(物語ること生きることくらいの価格だと妥当かと)

  • あっという間に読んでしまいました。体験したことを、ただの一経験にしてしまわず、一つひとつ、著者は大切な物語としてとらえているんだな、と感じました。

全68件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

上橋 菜穂子(うえはし なほこ)
1962年、東京都生まれの児童文学作家、SF作家。
1992年『月の森に、カミよ眠れ』で日本児童文学者協会新人賞、2000年『闇の守り人』で第40回日本児童文学者協会賞、2003年『神の守人 来訪編、帰還編』で 第52回小学館児童出版文化賞、2004年『狐笛のかなた』で 第42回野間児童文芸賞受賞他、2015年『鹿の王』で第12回本屋大賞など、多数の受賞歴がある。
2014年には「小さなノーベル賞」とも呼ばれる世界的な賞、国際アンデルセン賞作家賞を受賞している。

明日は、いずこの空の下のその他の作品

上橋菜穂子の作品

明日は、いずこの空の下を本棚に登録しているひと

ツイートする