日本をダメにしたB層用語辞典

著者 :
  • 講談社
3.67
  • (2)
  • (4)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 30
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062190893

作品紹介・あらすじ

「B層」をキーワードに社会批評を展開している哲学者・適菜収の最新作は、社会現象化した人物、場所、流行に辛辣な解説を加えたいわば現代日本版の「悪魔の辞典」である。【安倍晋三】【アンダー・コントロール】【おばさん外交】【構造改革特区制度】【コメンテーター】【多数決】【食べ放題】【男女共同参画社会】【抵抗勢力】【投書欄】【反中・反韓ブーム】【秘伝の味】【ミシュランで星】など厳選した295語には、現代文明の淀みが浮き彫りにされ、思わずクスッと笑ってしまうこと必定です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 目が痛い。「1984年」が読んでみたくなった。

  • B層とは…
    大衆社会の成れの果てに出現した、今の時代を象徴するような愚民。「マスコミ報道に流されやすい『比較的』IQ(知能指数)が低い人たち」。

    これは、著者の造語ではない。
    小泉内閣時代、自民党が、広告会社に作らせた企画書に書かれていた概念です。

    現代版・悪魔の辞典といったところ。

    「アンダー・コントロール」漏れているということ。
    など、辛辣でブラックな面白い用語解説です。

    橋下さんのことはケチョンケチョンに言っているので、ぜひ読んでみてください。

    B層が世の中を動かしているんじゃなくて
    いいように操られているだけ。
    B層は、永遠に騙され続ける人々、なのです。
    あいたたたた…。

  •  B層について著者は、「B層は単なる無知ではない」が、「改革」、「変革」、「革新」、「革命」、「維新」といった言葉に弱く、「永遠に騙され続ける存在がB層です」と述べている。

     今回の衆議院選挙で過去最低の投票率だった。しらけムードと受け皿がなかったためと票所に足を向ける意欲をなくした人たちが多かったことを良く表している。

     安定多数を確保した自民党。その投手で総理大臣に関して「保守を偽装するグローバリスト。もはや国境や国籍にこだわる時代は過ぎ去りましたと発言。亡国の移民政策なども推進と書かれている。ついでにアベノミックスについては、「出来損ないのお好み焼きのこと」とばっさり切り捨てている。少なくともあと数年はこのお好み焼きの出来損ない政策が続くことになる。

     あの号泣会見で一世を風靡した野々村竜太郎元兵庫県議員について「うわーん!」だけ書かれている。それだけで分かってしまうとはインパクトの大きい会見だった。兵庫県議と言えば、走って逃げた議員がいて吉本新喜劇かと思わず突っ込みたくなった。

     ここにはないが、「熊手で痛手を被った人」がいる。8億円の熊手とみんなの党を壊して無所属という名の「ひとりの党」の代表になってしまい落選、さらには関係先の家宅捜査とシャバにいられるか分からなくなっている。この著者ならどう描くのだろうかとふと思った。

     それにしてもこれだけいろいろ書いていると各方面から誹謗中傷や嫌がらせを受けたりしないのだろうか。評論家という仕事は神経が太くないとできないだろうなあ。

  • 笑える内容でした。

  • 4〜5

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1975年、山梨県生まれ。作家。ニーチェの代表作「アンチクリスト」を現代語訳した『キリスト教は邪教です!』『小林秀雄の警告 近代はなぜ暴走したのか?』『日本をダメにした B層の研究』(ともに講談社)など著書40冊以上。近著に『ナショナリズムを理解できないバカ 日本は自立を放棄した』(小学館)、『コロナと無責任な人たち』(祥伝社)。日刊ゲンダイ紙上にて、コラム「それでもバカとは戦え」を連載中。

「2021年 『それでもバカとは戦え』 で使われていた紹介文から引用しています。」

適菜収の作品

ツイートする
×