子供と大人のメンタルヘルスがわかる本 精神と行動の異変を理解するためのポイント40

著者 :
  • 講談社
3.43
  • (1)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 37
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062191142

作品紹介・あらすじ

【学校精神保健の第一人者による決定版!】

いま、家庭で、学校で、職場で、
気になる問題の解明・解決のために
メンタルヘルスの知識が必要とされています。
本書は、理解のためのポイントを
わかりやすく40項目にまとめた決定版です。

【どうして「子供」と「大人」?】
子供のメンタルヘルスの問題には多くの場合、大人の問題が背景にあります。つまり、子供の示す問題は、子供を取り囲む大人のメンタルヘルスの問題を反映していることが少なくありません。
反対に、大人のメンタルヘルスの問題にはしばしば子供の問題が関与しています。これには2つのパターンがあり、自分の子供や生徒の抱えるメンタルヘルスの問題が大人に影響を与えている場合と、現在の自分(家族・同僚)の問題が子供の頃からのメンタルヘルスの問題に起因する場合があります。
そのため、子供と大人の両方に関する知識がないと真の理解には到達できません。
・・・私たちの感じるストレスの多くは私たち自身(私たちの受け取り方)が生み出しており、そのもとにあるのが自分および相手に対する誤解です。それに気づくだけでもストレスはかなり緩和されます。(「まえがき」より)

【本書の構成】
第1章 理解のための土台づくり
第2章 知っておきたい子供と学校の現状
第3章 精神症状の六つのグループ
第4章 基本となる10の疾患
第5章 子供のころから現れやすい問題
第6章 身の回りの出来事を読み解く

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 職場の「読書のすすめ」より。
    とてもわかりやすい。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

2018年12月現在
京都大学大学院医学研究科教授(臨床認知神経科学分野)

「2018年 『発達障害』 で使われていた紹介文から引用しています。」

十一元三の作品

ツイートする
×