されど“服”で人生は変わる

著者 :
  • 講談社
3.48
  • (5)
  • (13)
  • (10)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 153
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (290ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062191333

作品紹介・あらすじ

「面白くって役に立つ!」と大評判。人生の岐路に、危機に、停滞に効く、オシャレの処方箋。大人気エッセイが、新書版で登場!
「服で損をしている気がする」「毎日の服選びが憂うつ」「本当に似合う服がわからない」「『オシャレな人』と言われてみたい」――そんなあなたに“今すぐ”効きます!

 今では当たり前になった“美容ジャーナリスト”という肩書きを世に広めた人気エッセイスト齋藤薫さん。女性の心をつかむ「齋藤理論」は、説得力と実践力を備えています。その理論をファッション、すなわち女性の毎日の着こなしにこそ、応用してみるべきなのではないか? という狙いから編まれ、13万部を超えるヒット作となった通称「され服」を、さらに多くの読者に届けるため、価格を下げた新書版として刊行します。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 記録

  • されど服で人生は変わる
    齋藤薫氏

    ・人の服見て我が服直せ
    鏡を1時間1回

    ・鏡の見方をおさらい
    全身入る鏡と5分の余裕

    ・最後は雑誌のスタイルコピー

    ・男と会う服女と会う服
    男と会う服は男より2-3割上質

    ・美人な服をきていると得をする

    ・幸せになれる服

    ・風水的開運ファッション
    小奇麗に
    掃除

    ・恋愛を呼び込むのは色恋沙汰色

    ◆風水的開運ファッション
    ・たまには女を確認する赤

    ・月曜日は一番好きな服

    ・女はパールの女になりたい ピュア

    ・体を鍛えている女のファッションはなぜ頭がよく見えるか
    体つきは価値観を物語る

  • トレンドよりスタイル。着回せる服は便利だけれど確かにときめかないかも。ファッションは値段や必要性、異性への意識の有無、素材などなど考えることが多くて疲れるけれど時に楽しくカンフル剤になってくれる。服を選ぶことが生きることなんだなあとしみじみ。

  • 文章体があんまり好きではないのと、内容が重なっている部分があったりして、ちょっとくどい感じがしました。エッセイをまとめたものなので、仕方ないのかもしれません。ただ、女性の人生が服で変わるということには納得しています。

  • 仕事の関係でファッションについて触れることがあり、その延長で手に取った本。某ファッション誌の編集長のお話を聞く機会があり、その人がただファッションを提案しているのではなく生き方の提案をしていると言っていたけれどまさにその通りの内容でした。ファッションはその人の生き方まで写し出す鏡だと。
    人並み程度にはファッションに興味があると思っていたけれど考え方を改めさせられる一冊でした。

  • 2015/1/7

  • これを読むことで、全身のトータルバランスの重要さ、全身を鏡に映して見ることの大切さがわかった。
    それ以外にも、読むだけで、”女”としてどうあるべきかを考えさせられる。
    定期的に読んで、自分の女としての意識を忘れないようにしたい!

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

齋藤薫 (さいとう・かおる)
女性誌編集者を経て美容ジャーナリストに。女性誌において、多数の連載エッセイを持ち、美容記事の企画、化粧品の開発・アドバイザーなど幅広く活躍。「美しく生きること」について、独自の見解を発信し続けている。著書に、『美容の天才365日』『あなたには”躾”があるか?』『されど、服で人生は変わる』『”一生美人”力』ほか多数。

「2016年 『されど“男”は愛おしい』 で使われていた紹介文から引用しています。」

齋藤薫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デイル ドーテン
村田 沙耶香
三浦 しをん
稲盛和夫
又吉 直樹
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

されど“服”で人生は変わるを本棚に登録しているひと

ツイートする
×