他界

著者 :
  • 講談社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062191395

作品紹介・あらすじ

「他界」は忘れ得ぬ記憶、故郷――。
なにも怖がることはない。
あの世には懐かしい人たちが待っている。

俳句界の最長老にして、「朝日俳壇」選者を30年つとめる御年95歳の俳人・金子兜太さん。今もお元気そのもので、2014年3月にはNHKで『94歳の荒凡夫 俳人・金子兜太の気骨』と題して、彼の生き様が1時間番組で放映されるなど、多くのファンを持つ存在です。
金子さんは、壮絶な戦争体験や、92歳でのガン手術の克服などの体験を通して、「いのちは死なない」という実感を持つに至りました。他界では自分の親しい人が待っている、その交信を「立禅(立ちながら親しい人の名前を100人以上呼んで唱える)」を毎日して行っている。その親しい人が待っていて、いつか自分が行く世界についての考え方を金子さんは「他界説」と名付けました。

これは、金子さんの95歳までの生き方を辿りながら、「生きること」と「死ぬこと」についての書き下ろし作品です。95歳まで生きた人の言葉の重みが、生老病死に思い悩む多くの読者の心に響く一冊。
「他界説」は長生きの秘訣です!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 自由律俳句に最近、ちょっと興味を持っているのですが、たまたまNHKラジオの聞き逃しサービスで「俳人金子兜太の見た戦争」という特集番組を見つけて聞いて初めてこの人を知った。この本はきっとサラッと読める類のものだろうとは思ったものの、これでも読んでおかなければ、そのまま忘れ去ると思い、ジュンク堂で偶然、みつけたものだから購入してみた。
    簡単な内容だけど、戦争の記述は読むべきものがある。

    俳句を味わうより、氏が95歳までどう生きて、死んだらどうなる的な内容だったが、「他界」は以前読んだ「パイドン」でソクラテスが説く魂は死なない的な話と一致するように思われ、なるほど。フレディもジョージも死んだとき、輝いていたというし、清志郎だって、坂本龍一が「仙人みたいな顔して・・・」とか言ってたはずだし、自然死について洋の東西を問わず、一致するんだからそうなのだ、と思ふ次第です。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1919~2018年。俳人。埼玉県比企郡小川町生まれ。東京帝国大学経済学部卒業後、日本銀行入行。トラック島への従軍等を経て終戦後復職。1962年同人誌「海程」創刊、主宰。1983年現代俳句協会会長、87年朝日新聞「朝日俳壇」選者、88年紫綬褒章、2005年日本芸術院会員、08年文化功労者、10年毎日芸術賞特別賞、菊池寛賞。

「2019年 『金子兜太戦後俳句日記(第二巻 一九七七年~一九九三年)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

金子兜太の作品

他界を本棚に登録しているひと

ツイートする
×