山、楽しんでますか? 安心安全登山のための「次のステップ」

著者 :
  • 講談社
3.78
  • (6)
  • (15)
  • (9)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 100
感想 : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (162ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062191579

作品紹介・あらすじ

序章  はじめに
   山登りのガツガツ期について 

第1章 登山道ではない登山道!? 破線道の歩き方
What’s 破線道/That’s 破線道/Let’s 悪場 
Column1 チャート式 あなたの山ライフの行方

第2章 一歩、前へ! レベルアップの基礎固め
中級者とはすなわち「脱・初心者」/めざせ!リーダー 脱・初心者への道/先読み 深読み 地図はかく語る 
 Column2 スズキの「山計画をするとき気をつけている5つのこと」
 Column3 夏山名物、雷を知ろう!

第3章 慣れ期は見直し期 3~4年目の中間決算
自分なりの適材、適所、適量/スムーズ&スマート パッキング/好みを生かし使い分けで増やすお道具/スリリングなコースの歩み方
Column4 スズキ流 コッヘルで1合の米を炊く 

第4章 「登山者」になろう! 初心者を脱皮した日
ひとりテント泊縦走 ― 1日目 ―/ひとりテント泊縦走 ― 2日目のピンチ ―
 Column5 スズキのエマージェンシー的定番袋の中身

第5章 さあ、次の山へ! サボらずみつける「自分の山登り」 
「慣れている」ことに慣れてはいけない/足るも足らぬもわかること それが一歩進むこと
 Column6 冬の楽しみ スノーシュー散歩

終章  おわりに
    初心に返るとき

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • また山に登りたくなる一冊

  • 初心者を脱したいという気持ちは私にはないが、自分のペースで楽しむことが大事だと認識。人と比べるものではない。

  • なんか不思議な絵なんだけど、内容が非常にマニアック。山の初心者にもなっていないので、中級向けの内容にイマイチピンと来ず…早く初心者になりたいなぁ。

  • 登山初心者を脱出したい助手さんと作者を中心に、登山を何回か経験した人が次のステップへと進む様子が描かれている登山コミック。
    失敗や反省することを繰り返しながら成長していくことって山登りの面白さのひとつだなと。
    ゆるいタッチですが、山の厳しいところもきちんとおさえていました。

  • 初心者と中級者との違いやレベルアップの基準がわかりやすかった!自分は初心者だな!!
    ・初心者:誰かの計画に乗る
    ・ステップアップ:行きたい山やコースを選べる
    ・中級者の入り口:1日の行動を事前に把握できる
    ・中級者に片足突っ込む:自分で山行を計画し始める
    ・中級者に両足突っ込む:行動に合わせた計画を立てられる(いろいろ先読みして)

    あとはいろんな登山の種類があるのを知れた。クライミングとか沢登とか。わたしはまず登山道でのんびりたのしめたらいいな

    一人テントとか絶対できない…分、どんな感じなのかわかって面白かった。
    怒られるとへこむな~って共感した。。

    具体的なグッズとか、荷物の収納方法とかかかれていて勉強になった。
    あと、救助要請のときに地図を読めないといけないこともわかった。
    日帰り登山の本とか、地図の読み方とか他のシリーズも読んでみたい!!

  • 2018/10/14読了

  • 今回は全くの初心者向けではなく、何度か登山を経験した、初級脱した人~中級者向け?
    私は全くの初心者なので、ピンと来ない内容も多かったが、この人の本は、気取らず・肩肘も張らず・気軽に読めるのに、分かり易いので好きです。

    今回は後輩が出て来るのですが、彼女を見ていると、少しだけ自分を見ているような気分になります(日常に置き換えると、焦りとか)。
    最後の方は、少しだけホロッとなります。

  • 岳都・松本フェアで購入。サインまでいただきました。鈴木さんの本を読んでいると、山は楽しいなぁ、そう思う。また楽しんで山に行きましょう!

  • もう山登り初心者じゃない程度の中級者向けの本でした。
    クライミングとかバリエーションルートとか一人でテント縦走とか…。
    山は奥が深いし標高も高いので、どこまでやるかって部分があるよね。
    計画性が大事っぽいし、地道なトレーニングも必要そう。
    計画→実行→反省→反省を生かした計画→実行→反省…
    楽しそうっ♪
    雷が鳴ったときの対応とか、三点支持で一点可動での動き方とか、最小限の歩幅での足場探しとか、具体的な話も多いので、実際にやっている人にはためになる本だと思います。

  • 山の良さと厳しさを知れる。また再読しよう。

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1972年、東京都生まれ。24歳のころのカナダ旅行で壮大な山の景色に感銘し、山の魅力にハマる。山岳雑誌の読者モデルで各種登山を経験、さらにスキー場や山小屋でのバイトの経験で積み上げたものをもとに、山系イラストレーターに。単行本のデビュー作は『悩んだときは山に行け!』(平凡社)。その後イラストレーションの仕事や雑誌などへの寄稿、トークイベントや講演を行い、女子登山を応援している。著書に『あした、山へ行こう!』『山小屋で、会いましょう!』『山テントで、わっしょい!』(以上、講談社 女子登山三部作)など多数。ほか、女性ひとりでも参加しやすい登山ツアーの企画&随行も行っている。アラフォーで東京から生活拠点を山梨県北杜市に移し、8年間暮らしたのち、現在は札幌市在住。

「2020年 『もしも…に慌てない 登山式DE防災習慣 お役立ちコミックエッセイ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鈴木みきの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
たかぎ なおこ
三浦 しをん
西 加奈子
佐々木 圭一
湊 かなえ
桜木 紫乃
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×