隊メシ 海自を中心に美味しい「国防レシピ」が満載!

制作 : おとなの週末編集部 
  • 講談社
3.50
  • (0)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062191968

作品紹介・あらすじ

2014年4月に横須賀で開かれた「護衛艦カレーナンバーワングランプリ」には、1万人以上が訪れ、大行列を作りました。用意した6000食が午前中で完売するなど大盛況。今話題の海自カレーや軍艦、護衛艦で作られる料理を大公開。実際の護衛艦、軍艦などの写真や調理風景なども盛り込みます。さらには、この本の著者&監修者である軍事カメラマン・菊池雅之氏が取材する陸自や空自の特殊な食事についても、コラムなどで紹介します。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 海自は隊員をプロの料理人に育てるために
    舞鶴(京都府)に「海上自衛隊第四科学校」という
    料理も学べる学校を設立。
    「経理」「補給」「給養」「監理」と
    後方支援に関わる全ての業務を教わる。

    「金曜日はカレー」は給食でおなじみだけど、
    海上自衛隊が年中海上にいるため
    曜日の感覚を取り戻すために導入された。

    それに加え、何を入れても成立するカレーは、
    食料の在庫処分に便利なためによく作られる。

    船乗りのカレーの食べ方が興味深い。
    船が揺れてもルーがこぼれないように、
    もんじゃ焼きのように、ごはんで土手を作り
    その中にルーを入れて食べる。実に合理的。

    宇宙のロケットの中でも新鮮な野菜が食べたくなる。
    毛利衛さんも勤務中に何度も生サラダを欲したらしい。
    あの「パリパリ」という食感が恋しくなるそうだ。

  • 潜水艦「ふゆしお」の鶏南蛮が意外に野菜をたっぷりとれて美味しかった。これの魚版、補給艦「とわだ」の鮭の南蛮漬けも作ってみたい。

  • カレーが食べたくなって困る。しかしカロリーを見て思いとどまる。

  • 最近このような本がよく出版されてると思いつつ手に取ってしまう自分がいる
    カレーってほんとに各艦で違うんだね

  • 海上勤務の楽しみは、メシ!
    特に海上自衛隊の艦船は、船ごとに異なるレシピのカレーが有名。

    その、カレーのレシピをはじめ、休養員作る自衛隊の隊メシのレシピがカラー写真とともに紹介されている。
    ただ、レシピ本といっても、調味料の分量が、大さじ何杯といったように細かく指定されているわけでは無い。
    材料と作り方は書いてあるので、後は人数、気候等の状況にあわせて各自工夫されたしといった感じ。
    自衛隊は、肉体労働が要求されるためか、塩、酢等味濃いめのものが、人気が高いらしい。
    陸にあっては、それはいわゆるビール等酒が進むといったカテゴリーのメシになる。
    一味違った、アウトドア料理本、一人暮らし男性の料理本として最適。
    海上自衛隊のレシピがメインであるが、巻末に少しだけ陸自、空自のレシピも掲載されている。
    陸自のメシが、レンジャーメシとして、生きたヘビの食べ方になっているのは、この手の本のご愛嬌。

全5件中 1 - 5件を表示
ツイートする
×