折口信夫

著者 :
  • 講談社
4.20
  • (4)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 84
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (538ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062192040

作品紹介・あらすじ

日本の知の結晶ともいうべき折口信夫。文学、民俗学のみならず、その広大なる表現領域は他の者を圧巻し、全貌を掴むことが不可能とされてきた。
そこに、切り込んだ安藤礼二の『折口信夫』。この本を読めば折口の全体像がわかり、この本を読まずして折口を語るなかれと、後世の評価を受けることは確実である。
起源・言語・古代・祝祭・乞食・天皇・神・宇宙と題された章の数々──これを追うだけで心が打ち震えるではないか。
さらには、折口とアイヌや台湾を論じた列島論、西脇順三郎、井筒俊彦、平田篤胤と折口を研究した詩語論をも付記した世界に冠たる大著である。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 通して全ては読み切れてなかったけども、素晴らしい充実

    とても面白い!

  • 大著だが飽きさせずに読めるのは、衒学的研究ではなく、文芸評論として、著者がモノを考えながら折口に迫っているから。基本的なことであるが、この大物への対峙による著者の成長は凄まじいものに違いないと、羨望頻り。

  • 文学

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784062192040

  • 新着図書コーナー展示は、2週間です。通常の配架場所は、2階開架 請求記号:910.268//A47

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1967年生まれ。文芸批評家。著書『折口信夫』『大拙』『光の曼陀羅』『迷宮と宇宙』『列島祝祭論』など多数。

「2021年 『熊楠 生命と霊性』 で使われていた紹介文から引用しています。」

安藤礼二の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウンベルト エー...
トマ・ピケティ
三浦 しをん
長谷川 宏
スティーブン・ピ...
岩井 克人
劉 慈欣
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×