天使の羽ばたき

  • 講談社
2.57
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 23
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (586ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062192170

作品紹介・あらすじ

「面白くて腹が立つ。まだ続きがあったとは!」と佐藤さとる氏に言わしめた『神の左手』三部作最終巻、ついに刊行!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • やっと、やっと読み終わった。神の左手三部作の最終巻ってことで読み始めたが、とにかく読みにくい、いや、読み辛い。気の利いたウィットか知らないが、ストーリーに関係ない文章が多すぎる。ストーリーを進めたくても、文字量を埋めるためとしか思えないような、気の利かない気の利いたふうの文章が羅列されるのみ。せっかくストーリーはダークファンタジーとして優れているのに。巻末の(付録」と言う名の物語の中の物事も興醒めなだけ。1、2巻の遺産を食い潰してしまった。残念。

  • 予想通り憂鬱なラストではありましたが、こんな感じで終わってほしいという希望がそのまま叶えられていてスッキリはしましたわ。かなり宗教的というか反クリスチアニティー的というか、非常に興味深いジュブナイル小説です。ていうか、小学生以下の子供には少しナニかと思います。高校生以上向きといっておきましょう。聖人伝説ちゅうのはえてしてこんなもんではなかろうか思ってしまった、とマンマと作者にノセられた感あります。おもしろかった。

  • 2015.02.11

  • ようやく読み終えた三部作。
    圧倒的強さを持っている(に見えた)ケイルがどんどん衰弱する姿と、それでもいろいろな人にさまざまな形でのぞまれている姿が対照的でなんともいえない。
    最初読んだときはまったくのファンタジーかと思っていたら、中世ヨーロッパ(かな?)をモデルにしていた。
    宗教とか。気付かなかったのは馴染みがないからかなぁ。
    個人的にはまあまあな終わり方。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

ポール・ホフマン
作家、脚本家。
1953年生れ。イギリスのニューカレッジにて英文学を学ぶ。
デビュー作のThe Wisdom of Crocodilesが部分的に映画化される。2作目のThe Golden Age of Censorshipは、英国映画倫理委員会での、検閲委員の実体験に基づく。
3作目のダーク・ファンタジー3部作の第1作目『神の左手』が世界的ベストセラーとなる。第2作目『最後の4人』を2011年4月に刊行予定。

「2012年 『悪魔の右手』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ポール・ホフマンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×