筋場理論 囲碁400年の歴史を変える究極の打ち方

著者 :
  • 講談社
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062192354

作品紹介・あらすじ

ベストセラー『依田ノート』から10年、ついに完成した新理論は、日本のプロ棋士制度400年の歴史を変える新発見! 「筋」=「石が動いている形」……これを言葉で表現するのは、実は、至難の業。それを歴史上初めて、名人4連覇を果たした達人が、具体的に、明確に定義づけた!
 「この法則を理解すれば、初心者から高段者まで、誰でも筋良く打てるようになります。私が3目強くなることをお約束します」(依田紀基)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 購入:2014年11月22日 学習:2019年7月13日
    少しだけ筋というものが分かった。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

安藤武夫七段門下。
1980(昭和55)年プロ初段、1993(平成5)年九段。
1984(昭和59)年に18歳で第10期名人戦リーグ入り(当時の最年少リーグ入り記録)。
1996(昭和8)年には、第1回三星火災杯世界オープン戦で優勝。
なお、名人4連覇、十段2期、碁聖6期、新人王5期、NHK杯3連覇などタイトル獲得多数。

「2018年 『一冊で強くなる! 囲碁 基本のコツ 打ち方がわかる本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

依田紀基の作品

ツイートする
×