実録 頭取交替

著者 :
  • 講談社
3.42
  • (1)
  • (4)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 42
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062192521

作品紹介・あらすじ

フィクションかノンフィクションか?

ある地方銀行で、絶大な権力を掌中に君臨していた相談役に反旗を翻した一派がいた。

出世とカネをアメに、長年にわたって銀行を私物化してきた相談役は、このクーデタを押さえ込むことができるのか?

取締役会の多数派工作は熾烈を極め、誰がどちらにつき、誰が裏切るのか?

実録ならではの、手に汗握る醍醐味。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 去年、89歳の生保レディが顧客から19億円をだまし取ったというニュースがあった。
    この89歳の人がモデルになってるという小説があると知り、読んでみた。
    それは地方銀行の頭取交替を巡ってのクーデター話。
    小説仕立てにしてるけど、ほぼノンフィクション。
    銀行を私物化してた相談役の影に生保レディあり。
    難しい話はよくわからないけど、一気読みしてしまった。
    作者は実際にこの銀行に勤めていた方。

  • 山口銀行で実際にあった話を題材に小説の形で記録に残そうとしたのがよくわかる。
    小説というよりもドキュメンタリーとして考えたほうが良い。
    エンターテイメント的要素はないが、それだけにこんな事がまかり通っていたんだと衝撃を受けた。

  • H26.11.17-H26.11.24

    (あらすじ)
    ある地方銀行で、絶大な権力を握る権力者に反旗を翻した一派がいたーー。
    出世とカネをアメに、長年にわたって銀行に君臨してきた相談役は、このクーデターを抑え込むことができるのか?
    取締役会の多数派工作は熾烈を極める。
    誰がどちらにつき、誰が裏切るのか?

    (感想)
    山口銀行の出身者が書いた、山口銀行で起こったとする事実をもとに創作したフィクション。
    縁のある銀行なので興味本位で読破。
    通常の企業小説としてみるとイマイチですが、縁のある地元山口銀行のものとして読むと本当かな~とニヤニヤしてしまいます。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

浜崎裕治(はまさき・ゆうじ)
1945(昭和20)年、山口県下関市に生まれる。同志社大学卒業。1970(昭和45)年山口銀行入行後、新宿支店長、大阪支店長、北九州支店長を経て、2001(平成13)年取締役宇部支店長就任。2005年(平成17)年同行退任後、数社の取締役を歴任。現在、(株)データ・マックス顧問。

「2017年 『実録 頭取交替』 で使われていた紹介文から引用しています。」

浜崎裕治の作品

ツイートする
×