発想の種 IMAGINE [発見編]

  • 講談社
3.22
  • (2)
  • (0)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 48
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062192620

作品紹介・あらすじ

著名なクリエイター達が。「TOKYO DESIGNERS WEEK .tv」で紹介した「発想の種」を厳選し深く掘り下げます。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 番組が書籍化されたもの。茂木さんの本を読むと、内容も読みやすくて面白いし芋づる式で他の方の事も知れるのでちょいハマってます。
    色んな人の話が出てくるんだけど、その人の頭の中をのぞけたみたいなかんじで楽しい。自分とは全然違うから、新しい意見をもらったみたいになります。

  • なるほどじっくり発想する人もいれば常に軽く考えている人もいる。

    アンテナの伸ばし方がそれぞれある

  • 日常の何気ないものを刺激と受け取るか受け流すか。感受性の問題だな。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1962年生まれ。脳科学者。東京大学理学部、法学部卒業後、東京大学大学院理学系研究科物理学専攻課程修了。理学博士。理化学研究所、ケンブリッジ大学を経て、ソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリサーチャー。『脳と仮想』で第四回小林秀雄賞、『今、ここからすべての場所へ』で第十二回桑原武夫学芸賞を受賞。著書に、『脳を活かす勉強法』(PHP研究所)『化粧する脳』(集英社)ほか多数。

「2021年 『脳科学者が教える 最高の選択』 で使われていた紹介文から引用しています。」

茂木健一郎の作品

ツイートする
×