僕の好きな男のタイプ 58通りのパートナー選び

著者 : 松浦弥太郎
  • 講談社 (2014年11月28日発売)
3.76
  • (8)
  • (8)
  • (11)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :154
  • レビュー :14
  • Amazon.co.jp ・本 (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062192651

作品紹介

すべての女性に読んでほしい!
女性に役立つパートナーの選び方・見抜き方を、
人気エッセイストで『暮しの手帖』編集長の
松浦弥太郎さんが伝授する。

「男である僕が「好きだな」と思う、「おとこまえ」な男が、
どんな男なのかを紹介することで、女性たちが「どのような
パートナーと人生を共にしたいか」あるいは「愛するパー
トナーは人間としてどんな面をもっているか」と、自問す
るヒントにしてほしい。」       (「はじめに」より)

照れない男、甘えない男、対話を大切にする男、喧嘩が出来る男、
精一杯のデートをする男、限りなく素直な男、孤独でいられる男、
ひけらかさない男、泣き方を知っている男、生活感が漂わない男、
欲深い男、セクシーな男、しゃべりすぎない男、そして――
女性を愛する男って、本当にすてきだなあと心底思います。 ―― 松浦弥太郎

僕の好きな男のタイプ 58通りのパートナー選びの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 20170218

  • 自分に足りないのは、自立心。
    まず、自分という個があって、
    その上で相手をどう喜ばせるか、
    どう感動させるのか、
    どう貢献するか考えることが大切。

    しっかり自分と向き合う。
    その上で成長していく。

  • こういう本を探し求めていた!

  • 想像力と感謝。

  • セクションを4つに分けて
    「おとこまえ」を
    様々な切り口から
    観察している内容。

    人として
    ということが前提にあるので、
    単なる恋愛指南書みたいな感じではなく
    男性が読んでも
    女性が読んでも
    勉強になります。

  • 松浦弥太郎が、自分が出会った素敵な男のタイプについて書いている。ひけらかさない男、自立している男、挨拶上手な男。素敵な男は国宝だ。

  • 男性視点での、女性が理想の伴侶を探すための指南書。そこがポイント?と新鮮。

  • 男性だけでなく、女性でもこんな風になれたらなと思う箇所多々あり。

  • おとこまえな男、新しいオトナのかっこよさについて暮らしの手帖の編集長がつづった一冊。良い背伸びをしようと思う一冊。メモ。(1)言葉の距離感を知る男。言葉の距離感を測ることに長けている男。相手の目立たない行為や努力を誉める男。「目が綺麗だ」(2)いばらないオトコ。すてきな大人はいばらない。年齢や立場が上であろうと下であろうと常に相手に敬意を持つこと。それが正しい姿勢や言葉遣いに繋がります。(3)真面目からはみ出す男。正常と異常が同居しているのが人間。大人になるつれ真面目からはみ
    出す賢さを身に着け、時に真面目をぶち壊す無茶をやり、自分の器を拡げていかねばならない(4)聞き上手な男。いい話を聞いたりアドバイスを貰ったりしても、聞きっぱなしにしてしまうのは失礼です。例えば「あの本は素晴らしいよ」と勧められたら、その説明を感動しながら聞き、後で買い求めて素直に読み、相手に読後の感想を伝えてこそ聞くという行為が成立するのです。
    (5)声をコントロールできる男。声を出すその先には常に相手がいるのですから合わせることが大切です。(6)身だしなみがいい男。身だしなみは後ろ姿だ。(7)姿勢がいい男。姿勢というのは訓練。普段から正しい姿勢をしていないと、意味がありません。(8)教養のある男。
    様々な問題を逸早く発見し、真正面から向き合い、速やかに解決していく能力を身に着けた男。学問の目的は知識と方法。教養の目的は起こり得る問題を解決すること。(9)花ではなく根を観る男。花は根より深くその人そのものである(10)チャンスを見極める男。見極めは慎重に。見極めたら大胆に。

  • 当たり前にそうなんだよね。
    ってことが言葉で書き綴ってあった本。
    私もこういう男の人が好き

全14件中 1 - 10件を表示

松浦弥太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
松浦 弥太郎
松浦 弥太郎
西 加奈子
松浦 弥太郎
川村 元気
西 加奈子
宮下 奈都
有効な右矢印 無効な右矢印

僕の好きな男のタイプ 58通りのパートナー選びはこんな本です

僕の好きな男のタイプ 58通りのパートナー選びを本棚に登録しているひと

ツイートする