スゴい! プレゼン 描いて、見せて、伝える

  • 講談社
3.50
  • (3)
  • (5)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 75
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062192705

作品紹介・あらすじ

あなたのプレゼンは、相手にちゃんと届いてますか?

プレゼンや演説といえば、なんといってもスティーブ・ジョブズ。でも、誰にも真似はできません。できているようで、しょせんそれはもの真似でしかありません。それじゃ、あなたがやりたいプレゼンは失敗します。

『描いて売り込め! 超ビジュアルシンキング』で有名なダン・ロームのメソッドは、とにかく描いて説明する、でした。

本書では、さらに進化したプレゼン術を披露します。

「もし真実を話すなら、ストーリー立てて話すなら、さらにイラストや絵をつかって話すなら、聴いている人たちを席から外させません。それくらいスゴいプレゼン術を伝授しましょう」

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • これ、プレゼン本としてのプレゼンに失敗しているように思えるなあ。「形式だけで中身のないプレゼンのすすめ」みたいな感じ。
    まあ、プレゼンしたことのない超初心者にはいいのかもしれないけどね。

  • ガーレイノルズが推薦していた本であるが、役になったのは絵を書いてプレゼンするということだけだった。
     このことを中心に書いてもらったほうがわかりやすかった。また学会発表には絵で説明する以外は役立たず。

  • No.761
    グラレコに通じる部分あり。

  • わかりやすくて、まず何をしたらいいかわかる一冊です。
    以前から、講習会や社内の説明会なども「プレゼン」ではないのかな、と考えて準備しようとしていたきました。しかし、サンプルがなにかの売り込みや提案ぽいものを扱った本が多く、なかなかぴったり役にたちそうな本に出会えませんでした。
    PUMAの図とパイの図、ひとを線でかく練習で、一つ先にすすめそうな感じがしました。

  • 5W2H中、WHOとWHATを1つにした6つの区分で絵を描いて説明する手法。ストーリーは、報告、説明、宣伝、ドラマの4タイプ。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

経営コンサルタント会社Digital Roam社長。独自のビジュアルシンキングというユニークなアプローチで、難問山積する企業の幹部に問題解決策を指南してきた。それらの企業のなかには、グーグル、イーベイ、GE、ウォルマート、アメリカ海軍、HBO、ニューズコープ、サンマイクロシステムなどがある。また、ロシアの企業のコンサルタント業務を引き受けた当初はロシア語が話せなかったが、このビジュアルシンキングの手法を用いたところ大成功。言葉に不安がなくなった今でも、この方法を利用している。The Back of the Napkin(邦訳は『描いて売り込め! 超ビジュアルシンキング』) は、2008年度amazon.com(米国)のBUSINESS BOOK OF THE YEAR で5位になるなど、絶賛を浴びた。

「2015年 『スゴい! プレゼン 描いて、見せて、伝える』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ダン・ロームの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊賀 泰代
佐々木 圭一
ベン・ホロウィッ...
ジェームス W....
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×