ディズニームービーブック ベイマックス (ディズニーストーリーブック)

  • 講談社
4.33
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062192743

作品紹介・あらすじ

最愛の兄を失った少年ヒロは、ケア・ロボット「ベイマックス」によって癒されてゆく。そして兄のために戦う決意をするが…!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 映画のラストシーンだけ見てたのでやっと話がわかりましたσ^_^;
    小説も面白いですね。
    電車でほとんど読み終わってましたd(^_^o)

  • 2014/12/21

  • 映画見ました。素晴らしい。一番好きだったのはベイマックスが風船なので穴が開いちゃうとかもこもこしてるのでぷにゅってなっちゃうところだな。そして、アメリカ人の異次元への憧れ半端ない。もう、無意識的には、そろそろ異次元って感じなんだねあの人たちは。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

外資系銀行勤務後、子どもの誕生を機に、児童書に夢中になり、絵本作家のアシスタントなどを経て、児童書の翻訳やノベライズを始める。翻訳には『グレッグのダメ日記』(ポプラ社)、『ちっ ちゃなサリーはみていたよ』(岩崎書店)、『ワンダー』(ほるぷ出版)、『木の葉のホームワーク』(講談社、産経児童出版文化賞受賞)など。他に児童向けノベライズなどを出している。

「2020年 『ねむねむさんがやってくる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中井はるのの作品

ツイートする
×