人間の目利き アラブから学ぶ「人生の読み手」になる方法

  • 講談社
3.78
  • (3)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 24
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062192774

作品紹介・あらすじ

「ここ数年の私の本の中でも会心作!」「この本を知っている限りすべての政治家や財界人に送って読ませたい」と曽野綾子さんが語るほど、納得の1冊に仕上がりました。
 砂漠の民であるアラブ人は、自分たちのテリトリーを守るために、危機管理能力、他人との交渉術に長け、人を見抜く力=人間の目利きが、どこよりも傑出した人々である。
・この人間は信用するに足るかを見抜く目/自分の考えを押し通して、相手を動かせてしまう交渉力/危機を察知し、遠ざけるリスクマネジメント能力/クライアントと揺るぎのない関係をつくる人間力、そして部下、ファミリーを守る包容力/老人の知恵を尊重する高齢化社会対応の生き方/「インシャー・アッラー(神のみぞ知る)」の究極のポジティブ・シンキング……これまであまり知ることのなかったアラブの民の賢くたくましく生きる知恵を一般実用書としても役立てるように構成する。
 自身、サウジアラビアをはじめ、数多くのアラブ諸国を旅して、関連著書も多い曽野氏と、エジプト考古学の第一人者の吉村作治氏が縦横無尽に「アラブに学ぶ人生の目利き」となる方法を語り合い、1970年の大ベストセラー「日本人とユダヤ人」にも匹敵する生き方指南書「日本人とアラブ人」の完成となった。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • とても興味深く読み進められ、出会えてよかった本です。
    アラブを知ることで、日本文化はこういう傾向があると、外からの視点を得られます。まったく知識がなかったので、見聞がぶわっと広がりました。

    本書に出会えたのは、3つのきっかけが重なったおかげ。

    ①歴史を面白おかしく学べるpodcast 『コテンラジオ』にハマったこと
    ②勤めている職場の社長と自分との歯車がどんどん狂っていき、文化も全く異なる外国からきた方だと思うようにすればいいのでは?と仮説をたて、調べようと思ったこと
    ③自分も成長したいと思ったこと
    (人に対する思い込みや勘違いを減らし、本質的に人を見極める能力を得る)

    仮説は無事ハマり、自分のなかではだいたい解消。
    異なる文化圏だから仕方がないと諦めることを学びました。
    とはいえ自分ばかりが諦めてモヤモヤためてても精神衛生上よくないので、今後のこともふまえ現在アサーションを勉強中です。

    以下、心の処方箋抜粋。

    ◆アラブのIBM
    I = インシャーアッラー 神様の思し召しのままに
    B = ブクラ あした
    M = マレーシ 神様のご意志がなかった

    ◆あとからできた枠(国)ではなく、部族や親族を大切にする文化

    ◆アラブ人は、年功序列。年上ぜったい。
    老人=ハンドレラー(よかったという意味)。財産。たくさんの経験をもってるから。

    格言『家に老人がいないなら、ひとり買ってこい』

    ※反対に、ギリシャ人は年をとったら人間はおわり。
    『カス』と考える(と言われている)

    ◆パキスタンの奥のほうでは、女性が外にでられる時期は3回。
    一度目は、生理前。生理になると、外にでなくなる。
    つぎ家をでるのは、お嫁にいくころ。
    三度目はお墓に埋められるとき。
    (昔のイスラム女性はだいたい当てはまるそう..嫌だ...)

    ◆アラブ文化の中でも、サウジアラビアが一番厳しい。
    女性に運転免許証発行しない。
    外で働くのも、独り歩きも禁止。
    (あとから調べて知ったが、2018年6月に新法令が施行されて、ようやく運転免許証が発行されたとか...!同じ世界の話とは思えなかった)

  • 吉村さんの実体験から語られるイスラム世界。曽野さんと対話することにより文化・宗教を客観的に見ることの大切さ、面白さを実感する。たくさんの新しい発見があり、大変勉強になった。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1931年、東京生まれ。54年、聖心女子大学英文科卒業。79年、ローマ教皇庁よりヴァチカン有功十字勲章受章。93年、恩賜賞・日本藝術院賞受賞。97年、海外邦人宣教者活動援助後援会代表として吉川英治文化賞ならびに読売国際協力賞を受賞。98年、財界賞特別賞を受賞。2012年、菊池寛賞を授与される。1995年12月から2005年6月まで日本財団会長を務める。2012年まで海外邦人宣教者活動援助後援会代表。2009年10月から2013年6月まで日本郵政株式会社社外取締役を務める。日本藝術院会員。日本文藝家協会会員。

「2021年 『一人でぽつんと生きればいい』 で使われていた紹介文から引用しています。」

曽野綾子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮下奈都
三谷 宏治
シーナ・アイエン...
村上 春樹
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×