小説 ちはやふる 中学生編(2)

著者 :
  • 講談社
3.86
  • (1)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 38
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062193092

作品紹介・あらすじ

大ヒット漫画『ちはやふる』の小説版第二弾
漫画では描かれなかった綿谷新の中学時代!
とまどい、傷つき、それでも前へ踏み出す青春!

小学校卒業と同時に祖父の介護のため、地元・福井に戻ることになった綿谷新。「かるたを続けてたら、また絶対会える」遠く離れたかるた仲間の千早・太一と交わした約束を胸に刻み、新は永世名人である祖父の「かるた」を再現するため練習に励む。しかし厳しすぎる現実が、新を絶望へと追いつめていく。新にいったい何があったのか?
これが、末次由紀が描きたかったエピソード。まぶしすぎる青春かるた小説、第二弾!!ハードカバー愛蔵版。

福井に帰った新の毎日は、たどって考えるととても切なくて、今回その思いを小説という形ですくい上げてもらえて、なんだかホッとしました。――(末次由紀)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ◆小学校卒業と同時に祖父の介護のため、地元・福井に戻ることになった綿谷新。「かるたを続けてたら、また絶対会える」遠く離れたかるた仲間の千早・太一と交わした約束を胸に刻み、新は永世名人である祖父の「かるた」を再現するため練習に励む。しかし厳しすぎる現実が、新を絶望へと追いつめていく。新にいったい何があったのか?これが、末次由紀が描きたかったエピソード。まぶしすぎる青春かるた小説、第二弾!!


    (^^)<Comment
    新は好きなんだけど、いかんせん内容が重かったです。
    読み進めるのがつらかったので、星2個にしたかったぐらい(苦笑)

    介護問題にこんなに真剣に向き合った男の子がいるのかな。。。

    新の強さの理由がよくわかった。
    新は、小学生大会からずっと優勝という印象が強かったので、天才なんだと思ってた。
    でも、確かにスペックは高かったんだろうけど、天才なのではなく、彼もまた努力の人で、2人の絶対的な師匠がいて、大きな2つの悲しみを乗り越えて、あんなに強くなったんだと分かってよかった。

    それから、千早と太一がカルタをやめたという新に会いに福井まで行ったときに出会った幼馴染の由宇。
    彼女は新にとってただ者ではないと思っていたけど、ここまで強いつながりと心の結びつきがあったんだね。
    漫画のときは、「なんだこのえらそうな感じ悪い女の子…」と思ってしまって申し訳なかったです(笑)

    本編で、新は千早と結ばれるのかな。結ばれないのかな。
    複雑な背景を知れば知るほど、本編の展開が楽しみです。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

長野県生まれ。遺跡の発掘や歴史・民族資料の調査研究職にたずさわった後、作家デビュー。おもな著書に、『紫式部日記 天才作家のひみつ』『ちはやぶる 百人一首恋物語』『小説 ちはやふる 中学生編(全4巻)』(すべて講談社)ほか。日本児童文学者協会、日本民話の会所属。


「2021年 『小説 ブルーピリオド 2』 で使われていた紹介文から引用しています。」

時海結以の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
有川 ひろ
恩田 陸
ヨシタケシンスケ
辻村 深月
ヨシタケシンス...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×