小説 ちはやふる 中学生編(3)

著者 :
  • 講談社
3.60
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 32
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062193108

作品紹介・あらすじ

大ヒット漫画「ちはやふる」の小説版第三弾
漫画では描かれなかった若宮詩暢と真島太一の中学時代!
一人でもがき、悩む、若き天才の青春!ハードカバー愛蔵版。

京都の津咲中学二年生・若宮詩暢。かるたの札だけが友だちの詩暢に、東京からの転校生・笹原美稀がからんできて……。詩暢はいつしか、美稀のペースに巻きこまれていく。
一方、真島太一は開明成中学で、同級生の平井とかるた同好会を始めるが、会員が集まらず、早くも解散の危機に。そんなとき、告白された女の子とつきあいはじめる。
詩暢の心に秘めた「友情」と、太一の初めての「交際」を描く、青春かるた小説、第三弾!!ハードカバー愛蔵版。

詩暢の強さ、かわいらしさ、寂しさ、不器用さ。知れば知るほど魅力的な女王(クイーン)の中学時代です。私自身がバイブルにしたいような一冊になりました。――(末次由紀)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ◆大ヒット漫画「ちはやふる」の小説、第3弾。漫画では描かれなかった中学時代を、末次由紀氏監修のもと、小説化。第3弾では、若宮詩暢と真島太一の中学時代を描きます。京都の私立津咲中学の2年生・若宮詩暢。かるた以外にはまったく興味がない詩暢に、季節外れの転校生・笹原美稀がからんできて・・・。詩暢はいつしか、美稀のペースに巻き込まれてしまい・・・。また、太一が初めて交際した彼女との日々が、明かされます。


    (^^)<Comment
    小説としては、面白かったです。
    主人公がオリジナルで、この流れだったら、普通に良いお話。


    でも、ね、うーん…。
    原作ちはやふる好きとしては、詩暢ちゃんのお友だち第1号は、千早であってほしかったなっていう願望が裏切られてしまった感。

    詩暢ちゃんには悪いけど、孤高の戦士でいてほしかった(;ㅂ;)
    いや、カルタの世界において、彼女が孤高の戦士であることに変わりはないんだけど…。
    でも、なんとなく残念。

    美稀ちゃんはすごくいい子で、最初、千早に似ている感じもして、だから詩暢ちゃんは惹かれるのかな?と思ったけど、やっぱり最終的には千早とは全然ちがう女の子だなって感じた。

    原作で、千早が明石第一女子の恵夢との試合のときに「詩暢ちゃんを一人にはしておけない」って言うセリフがすごい心に残ってるから、千早には早く、カルタの世界で対等にいられる友だちとして、詩暢ちゃんを迎えに行ってほしいな~と思う。

    いや、物語としてはいいんだけどね!
    書き方も読みやすくて、文章きれいだし。

    詩暢ちゃんがカルタの角を正確に攻められるのは、豆競技カルタのおかげ…という背景はすごく良かった!
    彼女にとって、カルタがどう見えているのか、どういう風に友だちなのか、というのもわかって、そこもすごく良かった!


    あとは、太一の恋愛話も、正直ここまで掘り下げる必要ないかな~っていう印象。
    第4巻のお別れ編をあわせると、これだけで恋愛漫画描けちゃうじゃん!っていうボリュームだった。

    これも私の勝手ですけど、原作に出てくる太一のあの彼女は「なんとなくできちゃった彼女」「告白されたからとりあえず付き合ってる彼女」でいてほしかったんだよね~。

    カルタから離れて平凡な対して面白くもない中学生活を送って適当にやり過ごしてた太一が、高校で千早に再会して、カルタ界に戻って、情熱を取り戻したんだね…っていうのが、私の中では熱かったのにな~。。。



    このシリーズは、作者の時海さんが、原作の末次先生に実際に取材して書き上げてる物語だから、夢小説ではなくて、背景設定が事実だって言うのが、ちょっと私とっては手痛い。
    夢小説なら、実はこういう展開があったかもしれないよね~で、もう少しおもしろく読めた気がする。

    そういう意味で、この第3巻は読まなかったほうが、原作を自分の読み込み方の中で、素直に楽しめたなと少し後悔しています。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

長野県生まれ。遺跡の発掘や歴史・民族資料の調査研究職にたずさわった後、作家デビュー。おもな著書に、『紫式部日記 天才作家のひみつ』『ちはやぶる 百人一首恋物語』『小説 ちはやふる 中学生編(全4巻)』(すべて講談社)ほか。日本児童文学者協会、日本民話の会所属。


「2021年 『小説 ブルーピリオド 2』 で使われていた紹介文から引用しています。」

時海結以の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
ヨシタケシンスケ
辻村 深月
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×