贈る心得。ご縁結びのスイーツ (講談社の実用BOOK)

著者 :
  • 講談社
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 25
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (152ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062193191

作品紹介・あらすじ

「スイーツを贈る」という行為はおもてなしのひとつであり、なかでも相手に渡す「手みやげ」は贈り主のメッセージや人となりを直接お伝えできる最高のコミュニケーションツールです。季節行事や誕生日以外のちょっとした機会にも、親戚や仕事相手、友人などに、手軽で気の利いたスイーツをさりげなく手渡しすれば、好感を持たれるうえに話題も増えて、人間関係が円滑になります。
 また相手の好みやライフスタイルを考えることで、相手と親密になれたり、ビジネスチャンスが生まれたりします。その有効性を認識せず、無難な品でお茶を濁してしまうのは大変もったいないことです!
 そこで、コミュニケーションツールとして効果的に「スイーツ」を使いこなすヒントを解説します。ギフトの達人ならではのセンスで選び抜かれた「上品でおいしいスイーツ51品」を、和洋のジャンルを取り混ぜて様々なシチュエーション別に美しい写真で紹介します。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • まちなし

  • 手みやげは、人と人をつなぐ大切なコミュニケーションツール。クリスマスシーズンのこの時期は気軽なギフトチャンスです。
    今最も注目されるギフトコンシェルジュの愛されてトクする「お菓子の贈り方」を指南しています。

    NDC 588.3(食品工業)

  • ギフトコンシェルジュ裏地桂子さんのスイーツのプレゼント選びの本です。
    甘いものと言っても皆さん好みがあって難しいですね。

  • 贈り物に適した、全国有名店の甘味と、その際に留意する点。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

ギフトコンシェルジュ。クリエイティブコーディネーター。草月流師範。1996年より、『Grazia』『婦人画報』『メイプル』などの女性誌でライター、コーディネーターとして活躍。衣食住ライフスタイル全般に精通し、食通、きもの好き、京都好きでも知られる。現在は企業やショップの商品企画、商品セレクション、プロデュース、ブランディングなどを数多く手がけている。個別指導の「草月流師範・裏地桂子のいけばな教室」を主宰。近著に『ほめられきもの宣言』(小学館)、『もの、好き。』(講談社)、『わたし好みの口福のギフト100味選』(扶桑社)など。

「2015年 『贈る心得。ご縁結びのスイーツ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

裏地桂子の作品

ツイートする
×