黒野葉月は鳥籠で眠らない

  • 講談社
3.35
  • (2)
  • (17)
  • (26)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 124
感想 : 28
  • Amazon.co.jp ・本 (292ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062193337

作品紹介・あらすじ

ただ、覚えておけばいいよ。
絶対に欲しいものが決まってる人間が、
どれだけ強くて、怖いものかを。

15歳の少女にわいせつな行為をさせたとして21歳の元家庭教師が逮捕された。被疑者の大学生は何かを諦めたように本心を話さない。頭を抱える新米弁護士の前に現れた黒野葉月――被害者の高校生は、やがて途轍もない行動を起こす。

法の奥深くへ分け入り、新米弁護士木村と先輩高塚のコンビが知る、四つの秘密。予測不能の事件の行方。
加害者も、被害者も――相談者たちは、一様に何かを隠している。
実力派新人が放つ、鮮烈な読後感の表題作を含む連作リーガル・ミステリ!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 4つの短編からなるリーガルミステリ(裁判描写はない)。
    【黒野葉月は鳥籠で眠らない】本作の趣向がわからず、なんとも評価しずらく読み進める。【石田克志は暁に怯えない】ラストに感じた静かな胸の痛み。そういう作品集ですか…【三橋春人は花束を捨てない】一押し。本作の魅力に気が付き、虜になっていた。弁護することに深入りすると、拭い切れない絶望的な感情が押し寄せてくる。【小田切惣太は永遠を誓わない】法律の抜け穴に注目した解には脱帽でした。

    「事件」を読んでから裁判モノが気になりだしている。被告原告のそれぞれの想いや秘められた事実を掘り下げていく過程が、読書にのめり込む要因のひとつとなっている。
    弁護士の主人公の真摯な仕事ぶりが、衝撃度を増すことに一役買っていることが苦々しい。

    アキラさんよりお借りしました。

  • 人情家の新米弁護士の事件簿。といってもホームズ的な先輩がいて、本人はワトソンという感じ。
    作者自身が弁護士でもあるので、法に基づく結末のどんでん返しというかプラスαはとても興味深いし面白かった。

  • 新人弁護士木村が担当することになったのは未成年との淫行により児童福祉法違反で逮捕された大学生の皆瀬だ。しかし彼は反省した風もなく、どこか諦めた風情だった。示談も進まず、弁護士として歯痒く思う木村のもとをある日被害者の少女が訪ねてきた。強い視線で彼女は問う。彼を助けるにはどうしたらいいのかと。(『黒野葉月は鳥籠で眠らない』)事件を起こしたかつてのロースクール仲間や、不貞する妻から娘の親権を取りたい穏やかな男や、先輩弁護士のお供で出会った世界的な芸術家とその娘など、さまざまな人や事件と向き合う連作短編集。

    そのうち読みたかった織守さんがたまたま図書館にあったので。表題の葉月ちゃんがつよつよすぎてだいぶひいてしまったのだけど、他の収録作も読んでくうちにこういう人たちの話が書きたかったのか、と納得。現役弁護士さんだけあって法律周りはしっかりしてるしどんでん返しや伏線も無理なくてまとまりよくてよかった。ある意味無敵の人って怖い怖い。『小田切惣太は永遠を誓わない』が好きかなあ。木村くんは善良な主人公すぎて今後の弁護士人生が心配だけど強く生きて。あと高塚先輩は何者なんだ。シリーズ化したのかなあ?

  • 生徒におススメされて読んだシリーズ

    リーガル・ミステリーというカテゴリー初めて聞いたけどこれは確かにリーガル・ミステリーだわ。何かをかなえたいという人間にとって法は利用価値のある何かにしかなりえない。決して罰するだけではないほうの価値は人生において創生されていくものなんだろうなと思う。

    個人的には「三橋春人は花束を捨てない」が良かった。
    好きな女性と子供と暮らすためにたてた策略はとてもお見事でなるほどそれはとてもいいという感じ。そういう人生があってもいいんや。

  • 新米弁護士が関わる案件4つの連作短編です。依頼人に寄り添い彼らのためになる方法を探そうとする新米弁護士木村に対して、依頼人のほうはそれぞれ、すべてを預けず何かを隠しています。最後にそれが明らかになり、見えていたものの色が変わる瞬間はなかなか衝撃です。’絶対に欲しいものが決まってる人間が、どれだけ強くて、怖いものか。’2話目の彼の選択は想像できてしまうことが恐ろしい。3話目の彼の選択は全く共感できなくて恐ろしい。「記憶屋」でブレイクした作家さんですが、私はこちらの方が断然好みで良かったです。

  • この方の本は初めて。思ってたのと違った作品だったけど、それは嬉しい違いで、法律の解釈の面白さ?みたいな楽しみ方ができた。
    最後の話は、「昨日何食べた?」で取り上げられていたので私にもわかった。これはシリーズではないのかしら?

  • 新米弁護士の担当事件簿。
    一見ゆがんでいたり、ビターだったり。
    人のいい主人公で、ほのぼの路線かと思いきや、一筋縄ではいかない展開。
    意外性があって、たのしかった。
    タイプの違う、有能でドライな先輩弁護士・高塚とのコンビもよかった。
    弁護士だからといって、全面的に信頼してもらえるわけではない。
    厳しい現実と、法律ネタをからめていておもしろかった。
    単純なハッピーエンドではないけれど、人情味はあって、読後感も悪くない。

  • 2017.3

  • この小説は一応リーガルミステリーとはなっていますが、特に法廷がでてくるわけでもなく、裁判自体がでてくるわけでもない。4つの短編集ですが、主に離婚とか財産とか民法に関わる弁護士ということで、やはり人情物という感じですね。2番目の「石田克志は~」だけ殺人事件がでてきますが・・・。
    ほとんどは法律の抜け穴的なものばかりで、最後の最後に登場人物の意思がはっきりと示されるとう展開です。それも新人の弁護士と先輩弁護士との絡みもあり、よりわかりやすくしているところがうまいですね。
    法律関係に疎い私でもなるほとと思えるラストがでてきます。特にタイトルの「黒野葉月は~」にはそういう手があったのか!!という感じでした。ただ、欲をいえば、あまりハラハラドキドキ感がなく、淡々と物語が進んでいくという感じが否めなかったのはちょっと残念でしたが・・・。

  • 6月10日読了。図書館。

全28件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1980年イギリス・ロンドン生まれ。小説家・弁護士。早稲田大学大学院修了。その他、京谷の名義がある。2012年『霊感検定』で、第14回「講談社BOX新人賞Powers」を受賞。2013年1月、講談社BOXから同作が刊行され小説家デビューする。現役弁護士として働く傍ら、小説を執筆する。2015年『記憶屋』で、第22回「日本ホラー小説大賞」読者賞を受賞。同作を第1作とする「記憶屋シリーズ」は50万部を突破した。

織守きょうやの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
塩田 武士
青崎 有吾
三浦 しをん
恩田 陸
米澤 穂信
誉田 哲也
今村 昌弘
米澤 穂信
青崎 有吾
道尾 秀介
ピエール ルメー...
森見 登美彦
宮下奈都
下村 敦史
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×