明日の色

著者 :
  • 講談社
3.48
  • (3)
  • (25)
  • (24)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 100
感想 : 26
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062194419

作品紹介・あらすじ

スカイツリーに踊る下町に起きる奇跡。
妻子に逃げられたダメ男の起死回生の一手は「絵画ビジネス」だった。ひょんなことから後見人になった若者の才能は、本物なのか。
人生の大事なことが詰まった、元ホームレス作家ならではの人情物語!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 洒落たギャラリーが商店街にある。
    なんかいいな。
    ギャラリー自体に無縁の生活だけれど、身近にこんな空間があったら凄い気分転換になりそう。
    地元が活気づくのもうれしいしね。
    住んでいる人が楽しんでないとダメだよなぁ。

  •  「信じること」と「人情」をバックボーンにして成長するひとりの中年男を描いた作品。
     尾花魁多という得難い才能に巡り会い、音崎美緒や栗木先生のような支援者を得る幸運は都合がよすぎるとは思うが、徒手空拳でスタートした主人公が成功するためには必要なファクターだろう。
     個人的には『あぽやん』より面白かった。こんな「よくできた」話は決して嫌いでない。

  • 下町を舞台にしたギャラリストと現代アーティストの話。なんか上手く行き過ぎ。 2017.9.29

  • 器が小さかった男が地域の人間の力によってだんだん大きくなる。また共に成長していく絵描きが非常に人間味があっていい。

  • 2016年7月西宮図書館

  • 物語の展開として王道だと思うのだが、主人公の状況やとりまく環境など、いまの要素がたくさん入っていて考えさせられるところがあった。

  • 貧困ビジネスから、ギャラリー経営者へ転身する。
    いろいろ問題は出てくるが結果あれもこれもうまいこと行きすぎてあれっ?という感じでした。

  • どんな絵か見てみたい。

  • 貧困ビジネスに関わっていた男が、宿泊施設にいる青年の描いた絵が売れそうだと知って始めたのはギャラリーの運営だった。
    人情あり、どたばたありで「あぽやん」などと同じ系列の物語と言って良いのだろうか。

  • う〜ん…

全26件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

新野剛志

1965年東京都生まれ。立教大学社会学部卒業。旅行会社勤務などを経て99年『八月のマルクス』で第45回江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。以降ミステリーを中心に巧みな人物造形と心理描写で人気を博する。2008年、『あぽやん』が第139回直木賞候補となる。13年には『あぽやん』とその続編『恋する空港 あぽやん2』が『あぽやん 走る国際空港』として、テレビドラマ化。主な著書に『罰』『FLY』『愛ならどうだ! 』『あぽやん』『パブリック・ブラザース』『キングダム』『溺れる月』『戦うハニー』などがある。

「2021年 『空の王』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新野剛志の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×