殊能将之 読書日記 2000-2009 The Reading Diary of Mercy Snow

著者 :
  • 講談社
4.00
  • (3)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 81
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (402ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062194440

作品紹介・あらすじ

2000年から2009年の間に殊能将之氏のホームページ「mercy snow official web site」に書きつづられた読書記録。フランスの本格ミステリに惹かれ未翻訳作品を原語で読んだり、自らが編者となる短編集のために原書を読み漁ったり。読書の楽しみが蘇る縦横無尽の読書本。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数

  • 全編に溢れるポール・アルテ愛と「ケルベロス第五の首」へのリスペクト。かなり古い作品の原書が多いので、自分が読む本の候補にはならないのだが、セレクションの特異性、まとめの文章力とユーモアはやはりただならぬセンス。つくづく早逝が惜しい作家だ。

  • 昔、ケルベロス(ウルフ)を読むとき大変お世話になりました。SFとミステリーを対等に読む(面白がる)スタンスは尊敬でき、見識に脱帽です。残念な人をなくしました。

  •  いやぁ嬉しいなぁ。ウェブアーカイブからちまちま読んでいたのもあったけど、本で一気に読めるようになって嬉しい。持っている奇想コレクションは『どんがらがん』一冊だけなので、愛着があるというのもあるけど、アヴラム・デイヴィッドスンの下りは編者の苦労が窺えて面白い。いやぁSF書いてほしかったなぁ。

  • 気になった部分をパラパラと眺めながら、じっくりと味わうつもりだったのに、気がつけば一気に通読しちゃったよ。軽妙かつロジカルな語り口で紹介される膨大な量のSF、ミステリのなんと魅力的なことか。何より、センセーが本を読むことを楽しんでいることが伝わってきて、コッチまで嬉しくなってくる。殊能センセーのファンになったのは作品もさることながら、こうした日記の文章から伺いしれる人柄に惹かれたからなんだと改めて認識。作り手側の熱意を感じさせる充実しまくりの付録や註、解説も素晴らしい。memoのTV鑑賞記やレシピの出版もぜひともお願いしたい。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1964年、福井県生まれ。名古屋大学理学部中退。1999年、『ハサミ男』で第13回メフィスト賞を受賞しデビュー。著書に『美濃牛』『黒い仏』『鏡の中は日曜日』『キマイラの新しい城』(いずれも講談社文庫)がある。 2013年2月、逝去。

「2016年 『子どもの王様』 で使われていた紹介文から引用しています。」

殊能将之 読書日記 2000-2009 The Reading Diary of Mercy Snowのその他の作品

殊能将之の作品

殊能将之 読書日記 2000-2009 The Reading Diary of Mercy Snowを本棚に登録しているひと

ツイートする