三重スパイ イスラム過激派を監視した男

著者 :
  • 講談社
3.38
  • (0)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 39
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (338ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062194846

作品紹介・あらすじ

毎日新聞の名物ジャーナリストが長期密着した前代未聞の「三重スパイ」の実像! 過激派からは殺害通告を受け、MI5からは切り捨てられる。そこで男がとった行動とは?

発端は祖国を救うためだった。アルジェリアからフランス、そしてイギリスのMI5へ――。3ヵ国の諜報機関を渡り歩いた「トリプル・エージェント」レダ・ハセインの数奇な50年。イスラム過激派との興亡、そして諜報機関の裏切り……。昂奮の国際ノンフィクション!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 3重スパイという題名だが、3つの機関でスパイをやっていた、というだけで、いわゆる「3重スパイ」ではなかった。
    イスラムテロ、また国家権力の冷酷さ、恐ろしさが垣間見える。
    スパイという言葉の裏腹に、主人公の人間臭さ、弱さがまた生々しい。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

おぐら・たかやす
一九六四年、滋賀県生まれ。関西学院大学社会学部卒業。一九八八年、毎日新聞入社。カイロ支局長、ニューヨーク支局長などを経て、二〇一二年にロンドン特派員。二〇一四年、英国外国特派員協会賞受賞。二〇一二年、「柔の恩人 「女子柔道の母」ラスティ・カノコギが夢見た世界」で、小学館ノンフィクション大賞・ミズノスポーツライター最優秀賞を受賞。現在毎日新聞欧州総局長。

三重スパイ イスラム過激派を監視した男のその他の作品

小倉孝保の作品

ツイートする