身元不明 特殊殺人対策官 箱崎ひかり

著者 :
  • 講談社
3.15
  • (2)
  • (16)
  • (28)
  • (6)
  • (3)
本棚登録 : 157
感想 : 28
  • Amazon.co.jp ・本 (338ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062195157

作品紹介・あらすじ

2020年に開催された東京オリンピックを機に開発された東京都湾岸区。東京24番目の区の誕生とともに敷設された東京メトロ湾岸線日比谷駅構内の水槽で、左耳を切断された身元不明の水死体が発見される。同じ水槽内でみつかった耳は別人のもの―。警視庁警視・箱崎ひかりは定年間近の万年巡査部長・浦安圭吾をパートナーに指名し、捜査に乗り出す。
翌日を待たず、第二の事件が湾岸線の駅で発生。親子ほどに年齢の離れた二人のコンビが真価を発揮しはじめるとき、殺人犯を追っているのが自分たち刑事だけでないことが明らかになる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 近未来の東京・湾岸地区を走る地下鉄の駅で陰陽道になぞられた連続殺人事件が起こる・・・この作品の方が先に発行になっているが、先日読んだ「新任巡査」の登場人物が結構出てきて、最初から親近感を持てた。まだ、そんなにはこの人の作品は読んでないが、初めての本格推理物。謎解き自体は面白いし、いろんなどんでん返しも、この人ならではでいいと思うけど、いきなり、ひかりの独白から事件が解決に向かってしまい、それが少し物足りなかった。

  • 読み終わった。
    で登録してもいいのか、どうなのか。
    読みづらいし路線図は頭に入ってこないしどーにも相性が悪い本でした。
    と言うわけでブクログ登録初、途中棄権です。

  • 心躍るばらばら殺人、意味深な犯人からのメッセージ、特徴的な探偵ペア、古野まほろの世界観だ!とわくわくしながら一気読み。面白かった。
    ただ、どうしても占星術殺人事件が頭にちらついて展開が……。意外な犯人に驚きはしたものの、それやっちゃだめではってラストのオンパレード。そう言えば天帝~もラストがこんなんだったことを思い出して笑ってしまった。ミステリで終わらせてくれよ~突然大きくなるスケールに付いていけなくて面白さは半減。途中まですごくよかったのになあ。謎解きが酷過ぎて投げられた気分だし殺人までで終わらせるべき。
    差し込まれた報告書部分がめっちゃくちゃ読みづらくてあの部分だけでも変えた方がいいと思った。何がしたかったんだろう。

    色を変えるタイトルは素敵。

  • 警察小説してると思ったら、いつものまほろだった。

  • 2020年東京オリンピック開催時に新設された地下鉄湾岸線の各駅で次々に見つかる変死体と、警察内部に巣食う暗躍者との攻防を描く警察ミステリ。某傑作を思わせるシチュエーションに比較的アタリは付けやすく、使われているトリックも古典的で難易度自体はそれほではないにせよ、濃ゆいキャラクターたちが連続猟奇殺人+密室状況+警察小説+鉄道ミステリ+陰謀劇に挑むごった煮加減で読ませるのはやはりまほろといったところ。魅力ある舞台設定のためだけに、近未来な架空の路線まで創造してしまう大仰さも相変わらずで好きですねえ。久々の講談社復帰作、陰陽五行殺人事件なる単語を鑑みるに元々は「相剋シリーズ」特別編のアイディアだったのかな。

  • 古野まほろ最新作は警察小説。
    警察官を主人公にした作品は既存シリーズにもあったが、本作は近未来の東京が舞台で、地下鉄の路線も1本増えていた。
    色々とスケールの大きいストーリーだが、近年の作品に見られるキャラクター小説的な部分もあって、面白かった。余談だが作中の地下鉄が実際に出来るとうちは便利になりそうだw ホントに出来てくれないかw

  • 不可解で実行不能に見える連続殺人事件が発生、ゴンゾウ刑事浦安と警察庁長官令嬢にしてキャリア管理官箱崎しおりのコンビが犯人を追うが真犯人はお約束の意外な人物!国会図書館警察庁支部、刑事警察、公安、反体制組織桜花新聞等などが入り乱れ頭が大混乱。おもしろくないわけではないけれど。差し引き★3つ。

  • おもしろかったけど
    路線図とか地理関係がちょっと…
    なかなか入ってこなくて途中で
    位置関係とか考えるのやめました(笑)

  • ゴスロリ対策官ひかりと浦安のコンビ、そして綾瀬やエリカのキャラは結構突き抜けてて面白いと思ったけど、なんせ警察機構の複雑さがちょっと難しかったかも。そして思ってたよりひかりの設定が重め…
    ミステリ的には、奇妙な連続殺人事件は面白かったので(有名なミステリに通ずるものがあったとしても)、その過程は楽しめたかな。

  • 90複雑な謎解きと忌まわしい歴史の物語。どっちかにしいな!ややこしすぎるわ。目先を変えたかったかもしれんけど、まあやりすぎ。これまでの巡査とかの熱い思いがどっかに行ってしまった感じ。

全28件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

古野 まほろ(ふるの・まほろ)
東京大学法学部卒業。リヨン第三大学法学部第三段階「Droit et Politique de la Securite」専攻修士課程修了。2007年、『天帝のはしたなき果実』で第35回メフィスト賞を受賞しデビュー。本格ミステリを中心に、警察小説、青春小説、新書等をはばひろく執筆するほか、古野名義以外で多数の法学書等がある。

「2021年 『陰陽少女 妖刀村正殺人事件』 で使われていた紹介文から引用しています。」

古野まほろの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×