プロ野球「第二の人生」 輝きは一瞬、栄光の時間は瞬く間に過ぎ去っていった

著者 : 赤坂英一
  • 講談社 (2015年5月28日発売)
4.14
  • (5)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :21
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (274ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062195188

作品紹介

上には上がいる――誰よりも才能があると思って入ったこの世界。長く続く二軍暮らし、思わぬ故障、そして戦力外通告。屈辱、自信喪失、開き直り。出口のない時間を経て、彼らは何を掴み、その後、どう生きようとしたのか。

プロ野球「第二の人生」 輝きは一瞬、栄光の時間は瞬く間に過ぎ去っていったの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 綿密な取材に裏打ちされた描写に、登場人物のその時その時の状況がありありと想像できる。それで、それで?と読み進めるのがあっという間だった。クロスオーバーの編集も見事。前田幸長や入来祐作の人柄に惚れるわ。

  • 2002年日本プロ野球、原辰徳監督のジャイアンツが日本一となる。この年のジャイアンツに在籍していた4人の選手は、やがてチームから戦力外を通告され、第2の人生をスタートさせる。

    入来祐作、前田幸長、福井敬治、小野剛。スターではない彼らは試行錯誤を続け、再び偶然に野球界で巡り合う。野球によって辛い仕打ちを受けながら、結局、野球を捨てて生きることができない。それがプロ野球選手としての本能なのだろう。

    元プロ野球選手の第2の人生として、小学生への野球指導に需要があるのが意外。

  •  赤坂さんの野球物で、一番感じるところが大きかった。
     ままならない流れに屈せぬ姿。

全3件中 1 - 3件を表示

プロ野球「第二の人生」 輝きは一瞬、栄光の時間は瞬く間に過ぎ去っていったのその他の作品

赤坂英一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

プロ野球「第二の人生」 輝きは一瞬、栄光の時間は瞬く間に過ぎ去っていったはこんな本です

ツイートする