アメリカの真の支配者 コーク一族

  • 講談社
3.55
  • (4)
  • (5)
  • (9)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 105
感想 : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (522ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062195249

作品紹介・あらすじ

個人(家族)所有の会社としては全米第二位の規模を持つ巨大企業コーク産業の創業者コーク一族の歴史は、戦後アメリカの保守政治の動きの一部となっている。「政治道楽」の一家であるコーク家は、父親フレッドが極右ジョン・バーチ協会の創設に関わった。子供たちにも小さな頃から、共産主義の恐怖や政府の悪について語っていたために、次男チャールズもジョン・バーチ協会に関わり、そこから別れてリバータリアニズムに進んだ。こうした動きはそのままアメリカの戦後保守政治の歴史に並行している。
リバータリアニズムや最近の反オバマ=ティーパーティー運動にも、資金援助にとどまらぬ強い影響力をコーク家はおよぼしている。
その一方で、遺産相続やコーク産業の株所有をめぐり一族内部では泥沼の対立が報じられてきた。1980年代から90年代にかけての度重なる裁判闘争やスキャンダルの数々により、「現代版のロックフェラー家」とも揶揄されている。

この知られざる、アメリカを動かす一族の真相に迫る!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【「チャールズがどのように考えているかはわかりませんけど,大統領が自分を追い落とそうとしているとは思っていると思いますよ。そして,彼は,”俺を舐めるなよ。俺はカンザス州ウィチタ出身なんだぜ!”と思っていますよ,きっと」】(文中より引用)

    全米でも屈指の規模を誇る企業体を運営しながら,市場を信奉するリバタリアニズム運動を静かに推進してきたコーク一族。知られざるその活動のいったんを明かすと同時に,一族の活動がアメリカの政治社会に与えた影響について考察する作品です。著者は,「マザー・ジョーンズ」誌のシニア・エディターとして活躍するダニエル・シュルマン。訳者は,米国に関する数々の作品を翻訳している古村治彦。原題は,『Sons of Wichita: How the Koch Brothers Became America's Most Powerful and Private Dynasity』。

    なんで陰謀説に彩られたトンデモ本のような邦題にしたのか疑問ですが,コーク一族の足跡を本当に丁寧に綴った一冊として評価できます。コーク兄弟の活動を通して,アメリカのリバタリアニズムの経脈をしっかりとたどることができるかと。

    分厚いですが読む価値あり☆5つ

  • ノンフィクション

  •  全米2番目の規模の非公開企業であるコーク・インダストリーズの一族のドキュメンタリー。政治的な行動や一族間の争いには閉口されるが、こういう大富豪の行動はかつでのロックフェラーやカーネギーにも通じるのだろうかと思った。
     ページ数的にも長いが、読んでいて長いと感じさせる。恐らくサイドストーリーが多過ぎるからなのだろうか、ストーリーの一貫性として、この本がどこに向かって行こうとしていたのかの意図を感じ取ることが出来なった。

  • 本書では描かれていないが、トランプ大統領の誕生も、影で次男チャールズが動いていたのであろう。アメリカの反リベラル思想活動を支えるコーク一族とは何者なのか?日本の報道で取り上げられたことを見たことがないが、現代のアメリカに大きな影響を与えているのは間違いない。

  •  いかにもハリウッドやアメリカの映像メディア好みの、富と権力、愛憎とジェラシーをめぐる壮大なドキュメント。
     ケネディ暗殺絡みで姿をみせたジョン・バーチ協会、過去の大統領選挙でその動向が注目されたリバータリアンやティーパーティ運動がどのような人間によってつくられ、何を目指してどのような行動をするものであるかを、内部事情に立ち入って明らかにしたところは高く評価さるべきであろう。

  • 石油を生業とする実業家。
    超大金持ち。
    兄弟間で20年もの間裁判。
    政治への関与。

    想像の範疇を超えた、偉人家族と言えるかもしれない。
    でも尊敬できないし、そうなりたいとも思わない。
    とにかく長かった。読書が嫌いになりそうだった(笑)

  • 全米第二位の非上場会社(第一位はカーギル)であるコークインダストリー社。石油関連の会社なんだそうだ。

    保守本流で、当主はリバタリアニズムを信奉しておりティーパーティー運動のパトロンでもある。四人兄弟の確執や政治との関わりについて書かれているが、アメリカの政治経済に関心がないとちょっとつらいかも。

  •  例えば、「彼は沈黙したまま去った (He left with a gag in his mouth) 」が、この本では「彼は最後にギャグをいって去りました (p470) 」となってるし、他にも「危険を冒さなかった (had taken no chances) 」が「可能性はなかった (p57) 」に、「TEATIME と入力したメール(SMS)を 74700 番宛てに送る ( Text 'TEATIME' to 74700 ) 」が、「「ティータイム」というページに登録すると〈中略〉七万四七〇〇人が参加した。(p383) 」になってる。
     こんな感じの訳がザクザクあるのは何故???

  • アメリカの大企業を経営する一族についての話。お金と権力によって兄弟の仲は悪いが、それでもコーク社は非上場企業で2位まで成長している。私としてはその過程や経営手法にもう少し踏み込んで欲しかったが、話の中心は政府との争いや家族間の争いなどになっており、この一族の歪さを感じずにはいられなかった。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

左派系メディア『マザー・ジョーンズ』誌のシニア・エディター。政治および安全保障問題を主に扱い、同誌の調査報道部門の創立メンバー。『マザー・ジョーンズ』誌のほか、『ボストン・グローブ』紙、『ヴィレッジ・ヴォイス』紙などにも寄稿している。

「2015年 『アメリカの真の支配者 コーク一族』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ダニエル・シュルマンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
ジャレド・ダイア...
M.E. ポータ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×