「プレゼン」力 ~未来を変える「伝える」技術~

  • 講談社
3.86
  • (6)
  • (8)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 95
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062195638

作品紹介・あらすじ

「研究は半分、残りはどう伝えるか」山中伸弥
「プレゼンで日常が変わる、面白くなる」伊藤穰一

面接、商談、企画の提案……。
たとえ、あなたにどんな名案があろうとも
伝わらなければ意味がない。

必要なのは「伝える」技術、「伝える」力。
それが「プレゼン」力。

ふたりの「知の巨人」が贈る
あなたの未来を変える一冊!

NHK「スーパープレゼンテーション」初の書籍化!
TEDに学ぶプレゼン術。

ノーベル賞のかげに「プレゼン」力あり! 
日本を代表するふたりの「知の巨人」が熱く語る!
プレゼンテーションの重要性とノウハウを語りつくした一冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「6歳の子供に説明できなければ、理解したとはいえない」とは、伊藤穣一氏が紹介するアインシュタインの言葉。伊藤氏は日本人初のマサチューセッツ工科大学メディアラボ所長。

    共著者のノーベル賞受賞者・山中伸弥氏(京都大学iPS細胞研究所所長)は、「科学者の仕事で一番大切なのは、しっかりとした研究。だが、それをどう伝えるかが、ほとんど同じぐらい重要だ」と冒頭で語る。

    最先端の研究成果を、世界の英知の最先端に、そして一般の庶民大衆にわかりやすく伝えていくテクニックこそ、人生を切り開く鍵だと、二人は語り合う。

    二人のそれぞれの語り、そして対談には、いわゆる「エリート臭さ」や「傲慢さ」が一切ない。
    爽やかな春風を浴びているような心地よさがある。

    生涯青年の求道の精神があるからだろうか。

    「take home message. 全員に自分の伝えたいメッセージを持って帰ってほしい」(山中)

    「まずやってみる、トライしてみる。トライ&エラーが重要」(伊藤)


    象牙の塔にこもらずに、常に現場に出て自信の腕と力を磨いていく謙虚さ。

    学び続ける人、研鑽を辞めない人、成長を続けていく人は、いくつになっても青年だ。

  • プレゼンを作る上でとても役に立った。
    この本を読まなければ全く別の完成形になっていたと思う。

  • iPS細胞の開発でノーベル賞を受賞した山中伸弥教授とMITメディアラボの伊藤穣一教授が語る「プレゼン」力。プレゼンによって,いかに人生が変えられるかを山中教授が語り,プレゼン技術を伊藤穰一氏が語った対談。ハウツウ本以上に二人の生き方や考え方が印象的な一冊です。

  • self us nowの3つの要素で構成せよ: Meet Up 大阪 @ blog
    http://www.meetuposaka.com/article/458804698.html

  • 非常にためになった。学んだ点を箇条書きで。

    ○プレゼンはSelf us nowの3つの順
           ↓
    なぜ「自分」の話を皆が聞かなくてはならないのか
           ↓ 
    その話されている内容がなぜ「皆=我々」と関係があるのか
           ↓
    なぜ「今」行動に移さなくてはならないのか

    ○自分の録画ビデオはプレゼンのコーチだ
    ・無駄を省いてテーマは絶対1つに絞る
    ・完璧にしない(ミスがあるとミスった!と脳内が麻痺するため)自然にスピーチを流す
    ・weak wordsを消す作業を(あのー、えー、んーはノイズになる)

    ○パワポでは「絵とコトバ」の一致が求められる
    ・絵にしたことは話す。逆に、しゃべらないことは絵にしない!!
    ・スライドは連続性を持たせる
    ・ポインターはくるくるせず、ここぞという時に用いる
    ・「間」は共有を生む「今、みんあここにいるよねーというメッセージ」このあとにポン!と強いメッセージを入れる!
    ・オーディエンス分析ははじめにしっかり行おう

    ○知識がありすぎると逆にリスク思考に陥りがちになることがある
    ○否定を頭に刷り込むな、過去の情報で動くと未来には進めない
              

  • ・スライドは紙芝居。相手が子供なら、絵を見て興味を持ってもらえないと見てすらもらえない。大人が相手でも同じ。
    ・データだけでなく興味深い行動パターンを示して、プレゼン後に相手の行動が変わることを目指す。
    ・プレゼンで伝えたいメッセージは1つに絞る。(よく言われることだけど、プロのプレゼンコーチやTEDの担当者も同じことを言ってる)
    ・スピーチ内容のメモ書きのようなスライドはNG。聴衆にしてみれば目で見ているものと同じことを耳からも聞かされるわけで、退屈になってだんだんスピーチを聞かなくなる。
    ・プレゼンで「あのー」「んー」といったweak wordsはノイズとなってプレゼンを阻害してしまう。無意識によるものなので消すには多大な労力がかかるけど、絶対やるべき。

  • NHKの番組からの書き起こしのような一冊。
    頭がよくて、天才レベルとしか思えない二人が口をそろえて「考えるより体で覚える」ことを薦める不思議さが味わえます。この二人がそういうなら、そうだろう、と納得できるはずです。

    後半の伊藤さんの「伝える技術21」はとても参考になりました。

  • ・基本的なプレゼンスキル21

    ①self us now の3つの要素で構成せよ
    ②歴史上の名演説に学べ
    ③ビデオはプレゼンのコーチ。見て撮って練習せよ
    ④ポイントは慣れること。緊張感をコントロールする
    ⑤伝えたいことをワンポイントに絞る
    ⑥話が長いと脳は寝る。短く話せ!
    ⑦書く、読む、リハーサルのくり返しで、まず覚えること
    ⑧覚えた原稿の2割は忘れていい
    ⑨自分のためのメモにするな
    ⑩写真や動画を効果的に使う
    ⑪言葉数を減らしてインパクトを出す
    ⑫ウィーク・ワーズを消す
    ⑬「間」が感情を伝える
    ⑭声の緩急・大小を変える
    ⑮目線はブロックごとに、ひとりひとりと合わせる
    ⑯目線を合わせるトレーニング方法を学ぶ
    ⑰プレゼンのストーリーにあわせて動け
    ⑱チャピタライジング、体の向きを変える
    ⑲聴衆に質問する、言葉を言わせる
    ⑳しゃべりながらボディランゲージ
    ㉑プロップ(小道具)を使って印象を残す

    ・聴衆を馬鹿にするな、聴き手に合わせないお前が馬鹿なんだ。

    ・VW=Vision&Workhard 研究者として成功する秘訣はVWだ。VWさえ実行すれば必ず成功する byロバート・マーレー

    ・情報だけ伝えたからといっても、結局行動は変わらない。

    ・日本の教育に足りない点は権威を疑い、自分の頭で考えること。他の人がやらないことにトライする、できないと思っていることにトライする、教科書に書いてあることを否定する。

    ・権威を疑って自分の頭で考えるような人じゃないと、ロボット社会が現実的になったとき、人間としての存在意義が問われる。

    ・言われたとおりに、きちっとやる=お利口さん。お利口さんになるな、無理をしろ。皆に言われたとおりやっていたりしたら、ノーベル賞なんか取れない。トライ&エラー、失敗したっていい。何にもトライせず、平凡なそれなりに幸せな人生よりも、どんどん海外に行ったり、いろんなチャレンジをしたりしてほしい。その結果、痛い目に遭うかもしれないが、トライしなくても、痛い目に遭うときは遭う。

    ・何をやるか、やらないか。基本的にどちらかしか選択肢はない。やることに対するリスクはある。じゃあ、やらなかったらリスクはないのかというと、実はやらないことのリスクも、ものすごく大きい。どちらもリスクがあって、やらなくても後悔することはきっとある。それならやって後悔する方がいいかなと考えることの方が多い。投資に対するリスクもあるが、何もせずにじーっと待っている方がリスクが少ないかというと、必ずしもそうとは言えない。現金で持っていることの方がどんどん価値が下がっていく。何もしないリスクもある。金利が低ければ銀行に入れていても何にもならない。何もしない方が、本当に安全でリスクが少ないかと言われれば、決してそうじゃない。リスクをとることって小さいころから癖をつけていないといけない。やはり子どもをあまり大事にし過ぎて過保護になると大人になってからでは難しい。子どものうちからリスクをとらせた方がいい。

    ・元気、ハッピー、希望って、他人に「感染する」と思っている。

  • 成果を出す為には、VW ビジョンとハードワークが必要。日本人は、ハードワークするが、ビジョンが弱い。プレゼンのウエイトは、仕事の半分。人に伝わらなければ、成果にならない。アインシュタインは、「6歳の子供に説明できなけれは、理解したとはいえない」。研究者のレベルが高くないと一般の人に説明することができない。

全13件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1962年、大阪府生まれ。神戸大学医学部卒業。大阪市立大学大学院医学研究科修了(博士)。米国グラッドストーン研究所博士研究員、京都大学再生医科学研究所教授などを経て、2010年4月から京都大学iPS細胞研究所所長。2012年、ノーベル生理学・医学賞を受賞。

「2018年 『人間の未来 AIの未来』 で使われていた紹介文から引用しています。」

「プレゼン」力 ~未来を変える「伝える」技術~のその他の作品

山中伸弥の作品

「プレゼン」力 ~未来を変える「伝える」技術~を本棚に登録しているひと

ツイートする