• Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062196017

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あなたに”好き”はありますか。

    恋人、友人、親子はもちろん、スポーツでも、趣味の物でも。

    100万のことに同じ愛情、つまりはありふれた感情を抱く前に、たった1つの”好き”を探してみませんか。

    「ねえ、好き?」
    「どれくらい好き?」
    意地悪な問いかけをする短編の数々に、思わず自分のスタンスを考えてしまうことでしょう。

    トラ猫にとってのシロ猫。
    100万のことが、どうでもよくなるようなただ1つ。

    「そもそも”好き”なんて、よくわからない」
    なんて、愚直な返しをしたら、するりと何処かへ行ってしまうかもしれませんよ。
    何しろ、相手は気まぐれな猫ですから。

    図書館スタッフ(学園前):れお

  • なんという猫愛じゃ。100万回生きたねこに捧げる短編集。100万分の1回の場面を描いている。うーんいまいち、ほほう、と読み比べ、作者の個性がにじみ出るストーリーですね。しかし、まあ、谷川氏はよく寄稿したなと別の意味で感心。

  • 角田光代さんの「おかあさんのところにやってきた猫」がすき。


    ああ、わたし、しあわせだったんだなあと、その音を聞きながら、ふたたび知る。

  • 町田康…まったく猫が登場しないのが最高。
    山田詠美…かけがえのない、見事な100万分の1回。
    川上弘美…ドラクエをモチーフにした小説なのに、こんなに心動かされるとは。
    今江祥智…これほどメッセージ性のない空襲小説も珍しい。空襲を描いても詩になりうるのだ。
    谷川俊太郎…他の作家の小説が死を外部から見ているのに対して、境界線からそれを見ているのでどきりとする。
    広瀬弦…その短さ、ぶっきらぼうさが、読者の心に擦り傷をつける。

  • 名作絵本「100万回生きたねこ」へのオマージュ的短編集。さまざまな作家の描く「ねこ」の世界は、心にじん、とくるものが多く贅沢な一冊。井上荒野さん、谷川俊太郎さん、岩瀬成子さんの作品がすきです。

  • 大好きな「100万回生きたねこ」に捧げるトリビュート短編集。
    本編よりも、それぞれの作家さんが、本編の前に書いている「100万回…」の絵本、佐野洋子さんへの思いが良かった。

    そして、やっぱり宙返りする猫の顔が見たくなった。

  • 一話目からすでに涙腺がヤバい。
    角田光代で涙腺崩壊。
    あまりのギャン泣きに飼い猫からドン引きされる。

    猫を飼ってる人は、猫の本音に要注意。

  • 「100万回生きたねこ」に捧げる13の短編集(^^)悲しくてしんみりするけれど、どの話も作家さんの個性が出ていて良かった!(*´∇`*)「百万円もらった男」ちょっと意外で面白かった♪「博士とねこ」も好き(^^)

  • こういう本を読むと、好きな作家がよくわかる。

    やはり絵本を読みたくなる。

  • 子どもの頃何回も何十回も読んだ大好きな絵本。大人になってから読むと子どもの頃とは違う楽しみ方、切なさでいっぱいになる。佐野洋子さんの追悼トリビュート小説。とにかく豪華です。
    中でもわたしが好きだなと感じたのは江國香織さん、角田光代さん、広瀬弦さん。皮肉り方が切ない。どの作家さんも上手い具合な皮肉を散りばめていて、みんな100万回生きたねこが、佐野洋子さんが大好きだったんだなとしみじみ。ラストを元夫である谷川俊太郎さんでしめてるのも、好きです。

全145件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

谷川俊太郎(たにがわ しゅんたろう)
1931年、東京生まれ。父に、哲学者・谷川徹三。現在の東京都立豊多摩高等学校を卒業し、1948年頃から詩作の活動を開始。1952年第一詩集『二十億光年の孤独』出版。以後詩、エッセー、脚本、翻訳などの分野で多岐に渡る活躍を続けている。
翻訳については、ジーン・ウェブスター『あしながおじさん』や『スイミー』、ゴフスタインの絵本の数多くを手がける。詩集に『ことばあそびうた』、『みみをすます』、『日々の地図』、『はだか』、 『世間知ラズ』など、エッセー集に『散文』、『ひとり暮らし』、絵本に『わたし』『ともだち』『もこ もこもこ』、詩集に『シャガールと木の葉』、『すき』、『詩の本』、『トロムソコラージュ』など。
萩原朔太郎賞、鮎川信夫賞、三好達治賞、朝日賞など多くの受賞歴がある。

100万分の1回のねこのその他の作品

谷川俊太郎の作品

ツイートする