あそぶだけ! 公園遊具で子どもの体力がグングンのびる!

著者 :
制作 : プレイデザインラボ(株式会社ジャクエツ) 
  • 講談社
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (136ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062196239

作品紹介・あらすじ

昨今、子どもたちの外あそびの時間が減り、体力もどんどん落ちていることがデータで示されています。そこで、今、ぜひおすすめしたいのが、公園遊具を使った「遊具あそび」です。じつは、誰もが利用できる公園遊具は、安全に楽しく子どもたちの体力を伸ばすことができる、とてもすぐれたツールなのです。
 本書では、そんな公園遊具でできる、手軽で楽しいあそびかたを、わかりやすく紹介しています。また、保護者の悩みのタネである、公園で遊ぶ際のマナーや、防犯・安全対策に使える子どもに対しての言葉かけ、ママ友のコミュニケーションのとり方などを、Q&A方式で解説。遊んでいるうちに、子どもたちの体力がグングン伸び、丈夫な体に育っていくので、保護者のみならず、幼稚園教諭や保育士の方々にも読んでいただきたい1冊です。

本書の特徴

●16の公園遊具と94のあそび
●成長に不可欠な12の力
●あそびごとに、どんな能力が身につくか
●保護者の悩みに答える「遊具あそびQ&A」
●安全な遊具と危険な遊具の見分け方
●子どもが運動不足かどうかわかるチェックリスト
●公園でのマナーや、防犯安全対策
●幼稚園教諭や保育士にもおすすめの1冊

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 色々な遊び方がかいてある

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

現 職:早稲田大学人間科学学術院 教授・医学博士
専 門:子どもの健康福祉学 幼児体育
最終学歴:1978 年 米国ミズーリー大学大学院:修士(教育学)
1996 年 岡山大学医学部:博士(医学)
教育実績(経歴):倉敷市立短期大学教授、米国ミズーリー大学客員研究員、米国バーモント大学客員教授、米国ノーウィッジ大学客員教授、米国セントマイケル大学客員教授、台湾:国立体育大学客員教授を経て、現在、早稲田大学人間科学学術院教授。(学部、e-school、大学院:修士課程・博士課程指導)
社会的活動:国際幼児体育学会 会長、国際幼児健康デザイン研究所 顧問
日本食育学術会議 会頭、日本レジャー・レクリエーション学会 会長
インターナショナルすこやかキッズ支援ネットワーク 代表
日本学術振興会科学研究費委員会専門委員(2009.12 ~ 2017.11)

「2021年 『生活リズム・体力向上作戦』 で使われていた紹介文から引用しています。」

前橋明の作品

ツイートする
×