ここで、君の隣に任意の異性を代入する

著者 :
  • 講談社
3.80
  • (5)
  • (4)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 38
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062197052

作品紹介・あらすじ

ある数学教師との出会いが、
一人の非モテ少年の人生を変える!

男子校に通い、色恋沙汰とは程遠い青春をおくる神原優弥。
高校2年の春、新しく赴任してきた副担任・平坂龍之介の登場で、彼の世界は一変する。
「クラス全員をリア充にしてみせる」
伝説のナンパ師であり冷静沈着な数学教師でもある平坂の、
ゲスいながらも心に響く恋愛特別講義が今、幕をあける――。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • このくだらない感じがかなり好き。
    始まりの3ページがたまらない。

    なぜだかどうしても平坂先生がかっこよく変換されてしまうので困る。

  • ゲスいんだけど最高だったw

  • あははははは~!笑う~!超おもしろい。
    そして、時々深い(笑)

  • タイトルに惹かれた。
    最初の方だけ数学教師という感じがするのがちょっと残念。恋愛テクの公式披露も期待したのに。
    最初の3分間だけ普通の教師だった平坂先生と非モテ男子の優弥。全編を通じて、私立男子高校生優弥のナンパ過程が面白可笑しく綴られている。
    時々、元ナンパ師の先生やナンパ師仲間のお言葉がキラキラ輝いて心に届く。
    イヤー。マジでおすすめかも。

  • めちゃくちゃ面白かった!
    こういうラブコメ大好き!

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1984年神奈川県生まれ。早稲田大学理工学部を卒業後、電気機器メーカーに勤務。
青春小説『不束な君と素数な彼女』で講談社が創設した公募新人賞「ワルプルギス賞」を受賞し、2014年1月にデビュー。
最新作は鳥人間コンテストにのぞむ大学生たちの青春群像を描いた『イカロス・レポート』。
圧倒的な筆力と構成力、魅力的なキャラクター作りで注目を集めている青春小説界の新鋭。

「2015年 『ここで、君の隣に任意の異性を代入する』 で使われていた紹介文から引用しています。」

竹田真太朗の作品

ツイートする
×