チポロ

著者 : 菅野雪虫
  • 講談社 (2015年11月27日発売)
3.70
  • (5)
  • (24)
  • (15)
  • (2)
  • (0)
  • 120人登録
  • 21レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (290ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062197458

作品紹介

「天山の巫女ソニン」シリーズでニュー・ファンタジーの旗手としての地位を確立した菅野雪虫が、満を持して書き下ろした最新作!
アイヌ神話をモチーフに描かれる長編ビルドゥングスロマン、ここに誕生!!

力も弱く、狩りも上手ではない少年・チポロ。そんなチポロに、姉のような優しさで世話を焼く少女・イレシュ。彼らの住むススハム・コタン(シシャモの村)に、神であるシカマ・カムイが滞在し、〈魔物〉たちが現れることを告げる。そして、シカマ・カムイの言葉どおり、大挙して現れた魔物たちは、イレシュをさらっていったのだった。

イレシュのいなくなった村で、チポロは、北のさいはての港町・ノカピラに、触れたものを瞬時に凍らせ、貧しき人々に食糧を届けてくれる「魔女」と呼ばれる少女が現れたことを商人から伝え聞いた。その少女にイレシュの痕跡を見つけたチポロは、弓の修業を積んだ末、「魔女」がイレシュではないか確かめるため、そして魔物からイレシュを奪還するため、ミソサザイの神とともに、ノカピラを目指すのだった――。

チポロの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 面白かった。子供のための物語という感じ。
    負け続けると卑屈になってしまいそうなものだけど、チポロはバカにされながらも力を蓄えてきた。
    信じる力の強い子供だった。
    反対に自分も人も信じずにだいぶ歪んでしまったヤイレスーホ…たった一度、無条件で助けられたことが彼をほんの少し変えたのだとしても、結局イレシュに届かなかったのが切ない。
    あの後どうなっちゃったんだろう。
    イレシュの気持ちも複雑なまま残りそう。
    続編が読みたい。

  • 主人公がしっかり大地を踏みしめてる冒険譚、旅先に社会が見えるし空気の匂いがします。続編書けそうな雰囲気。
    チポロは猪突猛進型ですが何か言ってから自省したり自分を律する客観性も持ってる子だなと。自分のことじゃなくてもシャチのカムイにぱっと謝るシーンに微笑みました。
    たぶんこのお話の中で誰よりも思考しているのはイレシュですね、ヤイレスーホは危なっかしく見えます。
    プクサいいやつだな~。

    ミソサザイのカムイのおしゃべりずっと聞いてたい。
    シカマ・カムイの人生相談室があったら訪ねたい。
    弓のレプニかっっっこよすぎか!!!

  • めっちゃ面白かった・・・読みやすさ山のごとし・・・。
    アイヌ民話ぽくて、ミソサザイ神様かわいい・・・。
    チポロとイレシュがピュアで互いを思い合ってる分だけヤイレスーホお前・・・切ないやんか・・・。
    イレシュとヤイレスーホのやりとりが・・・最の高でした・・・。

  • アイヌの神様は、人間に厳しい。
    そんな伝説ができるのは、厳しい自然のためか。

    「負けるのなんか慣れてる。何回負けたって、どうってことない。」など
    心に刺さるセリフがいっぱいです。

  • アイヌに伝わる神話をもとにしたファンタジー。おばあちゃんと二人暮らし、ちいさくて狩りがへたくそだったチポロが、魔物にさらわれた幼なじみを助けるべく旅にでる。

    こんなにやさしい文章で、これだけの世界観を描けるってすごいと思う。最初に国のはじまりの神話があり、それからチポロの旅がはじまってゆく。物語がすすむにつれて、神話とチポロの旅がだんだんリンクしてくる。自然のなかに神々があたりまえのように存在する世界。神さまという存在が身近に感じられる。冒頭で初めてツルを仕留めてから、どんどんたくましくなっていくチポロの成長がうれしい。アイヌの空気を感じられる物語。

  • アイヌの神話をベースにしたファンタジー。

    というか、アイヌ神話なんて、ほとんど知らなかったので、ちょっとこの機会に知りたいと思った。

    チポロは1羽のツルを仕留めた。
    両親を亡くし、祖母と暮らす、貧しいチポロには、体格も小さいし、大事な弓も1本しかない。
    でもその日はツルを仕留めた。食べる前に供養(魂送り)をすると、ツルの神さまが現れた。これからも自分の仕留めた獲物お大切に供養して魂を送り返しておくれ、と言われて、その後は守護霊のようにチポロを見守ってくれる存在となった。
    近所のイレシュはチポロの理解者で、親友だ。

    チポロの父が亡くなった時、神にカミナリを撃たれかけている時、チポロが不意に言った呪文がある。

    アイヌの神さまたちは、人間の我儘さ傲慢さに愛想をつかして、見捨てようとしていた。
    チポロたちの村にも災いがきても、神々は守ってくれないようになるかもしれない。
    チポロのはもしもの時のおまじないとして、むかし、自分が唱えた呪文をイレシュに教える。そして、本当に魔物が訪れた時、イレシュがチポロから教えてもらった呪文を口にしたため、イレシュは異形の魔物たちに連れていかれてしまう。
    その時、狩に出ていて、イレシュを助けられなかったチポロ。
    三年の年月を経て、チポロは12歳になり、狩りの腕を磨いてきた。イレシュのウワサを聞いて、イレシュを助けるため旅に出る事にした。

    アイヌの神話、古代の村での神さまたちが身近な生活、様々な個性的なキャラクター(チポロの家族、イレシュの家族、ブクサ、シカマ・カムイ、それにもちろんヤイレスーホ!)がいい。
    また続きや続編も読みたい。

  • アイヌの世界観が綺麗でした。
    自然や生き物に感謝する生活が素敵です。
    ただ、前半は良かったけど、後半から段々軽いノリになってしまったのが残念でした。
    設定はいいのに活かせていない感じ。

  • アイヌ神話である「柳の葉が川に落ちシシャモ(ススハム)になった」という話がもと。小さな少年チポロの成長譚。

  • 童話のような語り口、しかし内容はなかなかハードな冒険譚だった。

    全体的にアイヌのイメージなのか、神様がめっちゃ気軽に存在しててちょっとびっくりした。笑

  • 天山の巫女ソニンほどの読みごたえじゃないけど、この世界観は好きだなぁー

全21件中 1 - 10件を表示

チポロのその他の作品

チポロ Kindle版 チポロ 菅野雪虫

菅野雪虫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする