Killers(下)

著者 :
  • 講談社
3.32
  • (1)
  • (24)
  • (36)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 151
レビュー : 32
  • Amazon.co.jp ・本 (442ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062197533

作品紹介・あらすじ

殺人者は、いつの時代にも存在する。

2020年東京五輪に向けて再開発が進む渋谷区のアパートで、老人の他殺体が発見され、かつての名家の人間だったことが判明する。いったい、この男は何者なのか――。
五十年、三世代にわたる「Killers」=殺人者の系譜と、追う者たち、そして重なり合う渋谷という街の歴史。

警察小説の旗手・堂場瞬一のデビューから100冊目を飾る、記念碑的文芸巨編1500枚!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 上巻のレビューでも書いたけど、下巻を読んでも、やはり内容は微妙・・・上巻より、長野に殺された警官の孫娘・薫や、長野の血を引くジャーナリストの河東との対立構図がはっきりしていて、少し面白くなっては来たが、50年以上もの間、逮捕もされずに殺人を続けるのは、やはり無理があると思うし、一番はラストの消化不良感!もう少し、違うラストはなかったのだろうか・・・

  • 堂場瞬一の文体の持つ昏さと内容とが相まって、渋谷という表層的で無駄に明るい街とのコントラストが鮮明になっていた。 氏の出身大学は青山学院だから、当然、80年代の渋谷の学生を引き寄せる喧噪はあますことなく描かれていて、その部分を読んでいると大学時代にわざわざ映画を観に行ったのが懐かしくもある。実在する店をモチーフに書かれているだろう部分に気づき、にやりをするシーンもあった。     
    90年代の渋谷に関するシーンはほとんどなく、物語は2014年に飛ぶ。東京五輪が決まり、東急東横線が地下に潜り、ヒカリエが東急文化会館の跡地に建つ。駅の周りのカオスはそれでもなお色濃く残っていて、僕個人として、渋谷という街が好きになれないのは変わらない。犯人に引き寄せられるように若者が殺人に手を染め、何の因果か、端緒となった50年以上も前の関係者が引き寄せられていく。渋谷という磁力に導かれるように。だから、この街は好きになれない。

  • 10月-11。3.0点。
    下巻。
    現代警察と、過去からの殺人者との対決。
    最後まで逃げ切れるのか。

    うーん、長い。内容からすると、もっと短くなりそう。

  • 2016.8.23読了
    後継者という繰り返しがマンネリだったのと、こうも何十年も捕まらない?と下巻に入ってペースダウンしたけど、所々、そうだったのか!と驚く展開もあり、面白かった。(図書館)

  • 終わりがモヤモヤし過ぎ
    もし続編が出るなら読むと思う

  • 最期は、謎が残る。もしかしたら…と少し暗い気分に。続編があるとしたら、以外とハッピーエンドだったり

  • ストーリーそのものよりも、渋谷の今昔を知る人がノスタルジーを感じる作品なのかもしれません。

  • 2016 5 24

  • 4月6日読了

  • ある連続殺人者の半生の話なので気持ち良くはない。というか主役級の人物全員が善も悪も嫌な奴ばかり。
    被害者のすり替えは面白かったけど血の繋がりに固執しすぎで、できすぎな部分も多い。
    終わり方もなんだかなーって感じでがっかり。

全32件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

堂場瞬一(どうば しゅんいち)
1963年茨城県生まれ。2000年『8年』で第13回小説すばる新人賞受賞。警察小説、スポーツ小説などさまざまな題材の小説を発表している。著書に「刑事・鳴沢了」「警視庁失踪課・高城賢吾」「警視庁追跡捜査係」「アナザーフェイス」「刑事の挑戦・一之瀬拓真」などのシリーズのほか、、『虹のふもと』『八月からの手紙』『埋もれた牙』『ネタ元』『Killers』など多数。2014年8月には、『壊れる心 警視庁犯罪被害者支援課』が刊行され、本作へと続く人気文庫書下ろしシリーズとなっている。
2018年8月、読売新聞夕刊で「奔る男 小説 金栗四三(かなくり しそう)」を連載開始。

堂場瞬一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮下 奈都
米澤 穂信
雫井 脩介
宮部 みゆき
米澤 穂信
辻村 深月
宮部 みゆき
横山 秀夫
恩田 陸
西 加奈子
堂場 瞬一
堂場 瞬一
誉田 哲也
東野 圭吾
薬丸 岳
宮部 みゆき
東野 圭吾
東野 圭吾
池井戸 潤
誉田 哲也
宮部 みゆき
長岡 弘樹
吉田 修一
誉田 哲也
有効な右矢印 無効な右矢印

Killers(下)を本棚に登録しているひと

ツイートする