講談社のおはなし絵本箱 ピノキオ

  • 講談社
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (36ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062198028

作品紹介・あらすじ

ある日ジェペットじいさんは、しゃべったり、うごいたりする丸太をもらい、その丸太で人形をつくり、できあがった人形にピノキオという名前をつけ自分のむすこにして……。
イタリアの近代児童文学の名作「ピノキオ」を、なるべく原作に忠実に、絵本として再構成。斉藤洋氏の軽妙で楽しい語り口に、杉浦範茂氏のていねいで夢のある絵。「ルドルフとイッパイアッテナ」のコンビで送る名作絵本。10分間で読みきかせられる文字量で、お子さまの集中力がとぎれません。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 思っているよりエピソード数が多かった!ピノキオ絵本。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    「そういえばピノキオのお話って、ちゃんと読んだことがないな…」と思い、読み聞かせ絵本を図書館で探してみました。
    図書館でもピノキオの蔵書はとても種類がすくなく、その中で見つけたのがこちらの絵本でした。

    読み終えて思ったのは、「ピノキオってこんなにエピソード数、多かったっけ?!」ということでした。
    最初の教科書を売ってお金に換えたシーンと、最後の海のシーンはなんとなく見聞きした覚えがあるのですが、その他のエピソードはまったく覚えがなく、新鮮な気持ちで読めました。

    ただ、この絵本のなかにおさめるには、エピソード数が多く、駆け足のような展開になっているところが残念でした。
    また、途中で背景がネイビーの見開きが出てきますが、そのネイビーの上に黒い文字が印字されているため、光の当て具合で背景と黒文字がすぐ一体化してしまったので、そのページだけは読むのがかなりしんどかったです。
    そうした字の色と背景色のバランスに、もう少し工夫が欲しかったなあと思いました。

    絵本にするにはエピソードが多くて難しいお話なのでしょうか…。
    読み比べてみないと、なんとも言えないのですが、こちらの絵本は☆2つとさせていただきました。

  • ピノキオの話を振り返る必要性から、読んだ。
    思い出したよ、

  • 娘のリクエストで図書館で借りた。ピノキオの話はいろいろあるけど、それぞれ微妙に違う。

  • ★★★☆☆
    原作にくらべ、かなりマイルドになっています。
    杉浦さんのクールな絵がピッタリ。
    クジラでなくサメにのまれたのか。
    いつか、原作にチャレンジしてくれるといいな!
    (まっきー)

  • 2018.10 1-3

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1931年、愛知県生まれ。東京芸術大学美術学部卒。グラフィック・デザインと児童図書のイラストレーションで活躍。1979年『ふるやのもり』(フレーベル館)で小学館絵画賞。1983年、『まつげの海のひこうせん』(偕成社)で絵本にっぽん大賞、ボローニャ国際児童図書展グラフィック賞を受賞。1985年には芸術選奨文部大臣新人賞を受賞。

「2020年 『ルドルフとノラねこブッチー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

杉浦範茂の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
tupera t...
ヨシタケシンスケ
パット ハッチン...
くすのき しげの...
デビッド マッキ...
ジル・ボム
エリック=カール
トミー=アンゲラ...
マージェリー カ...
馬場 のぼる
ヨシタケシンス...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×