僕らの惜春

  • 星海社
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062198318

作品紹介・あらすじ

80年代――僕も時代も思春期だった。アメリカとソビエトは冷戦状態にあり、ドイツには壁があった。僕も時代も緊張していたし、成熟には程遠かった。そんな時に出逢ったのが、君だった。君から教えてもらったのは、僕になにが欠けているのかということだった。君が求めているものをさしだすために、僕がなにをすべきか、僕はようやく考えることができたんだ。その時、世界が僕をふりむいた。青い春が散り、僕は君の手をとって歩きはじめる。

遠い記憶をたどりながら語られる、昨日みた夢のような甘く切ない恋愛小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  この作品の舞台は80年代初頭、恐らくは作者が青春と言われる頃を過ごしたのだろう、当時のサブカルチャーを巡るやり取りは実際に体験した者ならではの書き方だな、と感じた。
     甘ったるい描写とやたらな繊細さが持ち味の作者らしい作品。

  • 『夏の教室』にも近い雰囲気のある80'sライ麦畑で捕まえて。白倉由美さんらしい文体と物語だと思う。

  • 【585】
    2016.05.01
    展開が唐突だったなー。
    青春小説。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1965年千葉生まれ。
著書に「きみを守るためにぼくは夢をみる」(星海社)、「ネネとヨヨのもしもの魔法」(徳間書店)等がある。

「2016年 『僕らの惜春』 で使われていた紹介文から引用しています。」

白倉由美の作品

ツイートする
×