おしごとのおはなし 小学校の先生 三年二組、みんなよい子です! (シリーズおしごとのおはなし 小学校の先生)

  • 講談社
4.00
  • (6)
  • (3)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 94
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (80ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062198479

作品紹介・あらすじ

元気はつらつで、なんでも一生けんめいで、いっぱいほめてくれる先生が担任になってから、おとなしい主人公にも変化がおとずれ……。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 滝野先生のような先生に出会えたら、子どもは幸せでしょう。子どもは元々みんなよい子。

  • 熱血先生!小三の子どもたちだったら こんな先生、大好きだよね♪

  • [墨田区図書館]

    最近この手の文庫ものにもあまり抵抗なく読める様になってきた。この本は小学校の先生のおはなし(職業紹介の本)として提示されていたけれど、どちらかというと気弱なクラスメイトの理解と補助を子ども自身に促す本としての方がぴったりくる感じ。
    題材がサッカーということもあって楽しく読めた。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

児童文学作家。1961年生まれ。徳島県鳴門市在住。鳴門教育大学大学院修了。小学校教諭、鳴門市立図書館副館長などをへて、児童文学を中心とする創作活動と講演活動を行う。絵本の主な作品に『おこだでませんように』(小学館)、『Life(ライフ)』(瑞雲舎)、『ええところ』(学研)、『ともだちやもんな、ぼくら』(えほんの杜)、『あなたの一日が世界を変える』(PHP研究所)、「いちねんせいの一年間」シリーズなど多数。2019年、新しい文学のスタイルにチャレンジした短編集『海の見える丘 あなたの未来へ贈る5つのものがたり』)(星の環会)を上梓。

「2020年 『5つの風の絵ものがたり(全5巻)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

くすのきしげのりの作品

ツイートする
×