絵本 母と暮せば

  • 講談社 (2015年11月20日発売)
5.00
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 11人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (44ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062198486

作品紹介

2015年12月12日公開予定の松竹120周年記念映画「母と暮せば」(監督・山田洋次、主演・吉永小百合、共演・二宮和也、黒木華)を大人向けに絵本化! 文は、山田洋次監督自身によるもの。絵は、アートディレクターの森本千絵が描きおろし、実写映画とはひと味もふた味も違う、独自の作品世界が広がります。
1945年8月9日、長崎の原爆で一瞬にして世を去った医学生の浩二。その死を信じたくない母・伸子は、息子の「死んだ証拠」が見つかるまで陰膳を絶やさずにいた。そんな陰膳も、いよいよ今日で終わりにしようかと思った3年目の命日に、伸子の前に、幽霊になった浩二が突然姿を現す。愛する息子を抱きしめようとする母の腕が浩二の身体をすり抜けていく。それでも再会を心から喜び合う二人。それから浩二は、毎晩のように伸子の前に現れ、昔話をしたり、かつての夢を話して聞かせ母親を慰める。しかし、そんなある日、生前浩二の恋人だった町子のことに話が及ぶと……。戦争、原爆、その末の死という悲劇を味わいながらも、愛と慈しみ、ユーモアをに絶やさない2つの魂の物語。

絵本 母と暮せばの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • マジで泣く。

    映画も観たい。

  • 読書記録です。まだの人は読まないでね。

    思い立ったらおひとりさまで映画に行くんですが、なかなか時間が取れないのと、あっと言う間に上映期間が終わっちゃうので、気になっていても観損ねてしまうことが多い…
    図書館で絵本になっているのを見つけて、思わず手に取りました。
    映画予告での、亡くなったはずの息子と仲睦まじく暮らす吉永小百合の美しい姿が印象的でしたが、こういう内容だったのね…と納得。
    星5つの理由は、内容も良かったけど、観損ねた映画を絵本にしてくれてうれしいな~という気持ちが入ってます。

全2件中 1 - 2件を表示

山田洋次の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

絵本 母と暮せばはこんな本です

絵本 母と暮せばを本棚に登録しているひと

ツイートする