[現代版]絵本 御伽草子 鉢かづき (「現代版」絵本御伽草子)

  • 講談社
2.80
  • (0)
  • (2)
  • (14)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 71
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (40ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062198707

作品紹介・あらすじ

人気作家の自由自在な想像力で、あの「おとぎ話」が新しい文学に生まれ変わった! 個性豊かな画家の美しい絵とのコラボレーションで贈る、現代版「絵本 御伽草子」シリーズ。
「鉢かづき」:観音さまのお告げで亡き母に珍奇な鉢をかぶせられた姫は、やがて父と継母に捨てられ野をさまよう野生児に――。
「群像」2015年2月号掲載の好評企画がついに書籍化!

1 町田康×絵・石黒亜矢子「付喪神」
2 堀江敏幸×絵・MARUU「象の草子」
3 藤野可織×絵・水沢そら「木幡狐」
4 日和聡子×絵・ヒグチユウコ「うらしま」
5 青山七恵×絵・庄野ナホコ「鉢かづき」
6 橋本治×絵・樋上公実子「はまぐりの草紙」

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • おとぎ話が原作だそうだがハッピーエンドで終らないのがいい。絵も素敵。

  • 鉢かづきが凄くリアリストで毒ありまくりです。

  • 絵も素敵な本。

  • 床野ナホコ女史の挿し絵が美しくも毒々しいのがまた・・・いいですね・・・
    青山先生作品は多分初読みなのですが、こういう暗くて陰湿でジメジメしてて不幸なテンションも書く人なんだな・・・
    新解釈・鉢かづき姫
    うーん、確かにたしかに・・・

  • 現代版の御伽草子。絵や描写は中世ヨーロッパ風。なんとも読めるストーリーだ。
    2018/8/11

  • 図書館の新着案内を見て予約したんですが、絵本だったんですねこれ。予想外で驚いたけど、なんだか新鮮でした。

    現代版ということで文体は読みやすく。内容も、ちょっと面白いことになっていました(鉢かづき姫が投げやりな性格になっていたり、宰相の君がヘタレだったり。妙なリアリティがある/笑)。
    絵はまぁ綺麗だけれど、日本のお話・登場人物なのに、髪や瞳の色が黒じゃなかったり、洋装だったりするのは不思議でした。現代版だから、自由な発想で表現してみたのかしら?

  • やっぱり きもい

  • こんな話だったかしら?と思っていくと、あら不思議、意外にも、そう外れていない物語。(後ろについているお伽草紙を読んでみて感じました。)
    イラストの金髪な外国物とは違いますが…

  • 青山七恵が描く現代版御伽草子。大和、河内、伊賀と言いながらシュミーズ姿で金髪。不思議な違和感が不気味さをそそる。膝下にのぞく脚、宰相の君と絡み合う腕が何ともエロチック。最後まで不気味で淫猥な世界が続く。ありきたりの幸せに満足できず放浪する心。常識とは何か幸福とは何かを問いかけられた。

  • こちらも楽しみ!!!

    講談社
    http://book-sp.kodansha.co.jp/topics/otogizoushi/
    shono naoko illustrations
    http://zinc.boy.jp/top.html

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1983年、埼玉県生まれ。2005年「窓の灯」で第42回文藝賞を受賞し、デビュー。07年「ひとり日和」で第136回芥川賞、09年「かけら」で第35回川端賞を受賞

「2021年 『I am the Moon』 で使われていた紹介文から引用しています。」

青山七恵の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
東野 圭吾
恩田 陸
伊坂幸太郎
又吉 直樹
宮下奈都
本谷 有希子
ピエール ルメー...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×