[現代版]絵本 御伽草子 はまぐりの草紙 (「現代版」絵本御伽草子)

  • 講談社
3.42
  • (1)
  • (6)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 44
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062198714

作品紹介・あらすじ

人気作家の自由な想像力で、あの「おとぎ話」が新しい文学に生まれ変わった!
美しいカラー挿画とともに贈る愛蔵版シリーズ。

「はまぐりの草紙」:橋本治×絵・樋上公実子
摩訶陀国に住む母親孝行な男のもとに、「はまぐり出身」の超ワガママ美女が嫁になるためやってきた!

現代版 絵本 御伽草子シリーズ(全6冊)
1 町田康×絵・石黒亜矢子「付喪神」
2 堀江敏幸×絵・MARUU「象の草子」
3 藤野可織×絵・水沢そら「木幡狐」
4 日和聡子×絵・ヒグチユウコ「うらしま」
5 青山七恵×絵・庄野ナホコ「鉢かづき」
6 橋本治×絵・樋上公実子「はまぐりの草紙」

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 原典は親孝行のススメ的などうということもない訓話なのだけれど、橋本治さんのツッコミ訳と樋上公実子さんのなまめかしい挿画によって大人のためのエンタメ絵本に仕上がっている。しかし、親孝行の功徳が7000年の寿命か。お金はあるけど、食べる楽しみもなく、家族もなし。全然羨ましくない(笑)。

  • ちょっと、シジラくんさぁ、君、もうちょっと、さぁ、とか言いたくなる。
    「弱虫泣き虫~」的つっこみがよいです。
    蛤なんていかにもなのに、なにもないんかい、本当におんぶだけかい!と理解に苦しみますが、そこは挿絵でカバー。はまぐり出身の妻、美脚。
    室町かぁ、せめて江戸時代ならもっとなんとかなったろうになぁ、と日本史にはうといので、適当に思いました。

  • 想像しただけでドキドキが止まらない、、、

    講談社
    http://book-sp.kodansha.co.jp/topics/otogizoushi/
    樋上公実子サイト
    http://members2.jcom.home.ne.jp/kumiko-higami/

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

橋本 治 はしもとおさむ
作家。1948年、東京生まれ。東京大学文学部国文学科卒業後、イラストレーターとなり、1977年、小説『桃尻娘』でデビュー。小説、評論、戯曲、エッセイ、古典の現代語訳などさまざまなフィールドで活躍。『桃尻語訳枕草子』『窯変源氏物語』『貧乏は正しい! 』『恋愛論』『美男へのレッスン』『宗教なんかこわくない! 』『双調平家物語』『「わからない」という方法』『「三島由紀夫」とはなにものだったのか』『人はなぜ「美しい」がわかるのか』『上司は思いつきで物を言う』『蝶のゆくえ』『日本の行く道』『あなたの苦手な彼女について』など著書多数。

「2021年 『ぼくらのSEX』 で使われていた紹介文から引用しています。」

橋本治の作品

ツイートする
×