STAR WARS フォースの覚醒前夜 ~ポー・レイ・フィン~ (講談社KK文庫)

  • 講談社
3.29
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062198844

作品紹介・あらすじ

映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』がはじまる数ヶ月から数日前に、レイ、ポー、フィンの3人におきた出来事を描くアンソロジー。
~ポー~
反乱軍を両親に持つ天才パイロット・ポーは、パトロール中に突如ファースト・オーダーの大軍と遭遇。数的には劣勢でありながらも、巧みな操縦でファースト・オーダーのTIEファイターを撃墜し続けるが、ファースト・オーダーの卑劣な作戦に巻き込まれ、信頼する仲間のパイロットを一人失った。
しかし、新共和国の長官はファースト・オーダーの追跡を許してくれず、ポーは命令に背き、ひとりXウィングを飛ばして、ファースト・オーダーに奪われた貨物船の場所をつきとめた。基地に戻ってきた彼を待っていたのは、見知らぬイーマット大佐という男だった。
~レイ~
難破船だらけの惑星、ジャクーでたくましく生活している、廃品回収業者のレイ。ある日彼女は、嵐によって地表に現れた、完全な”船”を見つけた。一人で船を操縦可能な状態に戻そうとするレイが、同業者にみつかってしまい・・・・・・。
~フィン~
優秀なストームトルーパー訓練生FN-2187は、百発百中のブラスター技術と、類まれなリーダーシップにより、訓練を一手に受ける上官キャプテン・ファズマにも期待される逸材だった。しかし、彼は出来の悪いチームメンバーを、どうしても見捨てることができない。度重なる”仲間を重要視する”行動がファズマの目につき、問題視されるように……。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ポー、レイ、フィンの各人にスポットを当てた『フォースの覚醒』に繋がるショートストーリー集。新世代主人公3人のキャラクターを掘り下げると共に、ポー編では新共和国とレジスタンスを取り巻く政治的苦境、墓場のようなジャクーの砂漠で日銭を稼いで生きるレイの孤独、映画にも登場したトルーパーたちとフィンの絆を描いた物語など、映像を観ているぶんにはいまいち伝わり切らなかった諸々の設定を補完する側面も強いです。『レイのサバイバル日記』とのリンクもあるのでそちらも参照するとなお楽しめます。

全1件中 1 - 1件を表示

グレッグ・ルーカの作品

ツイートする
×