リーダー論 (講談社AKB48新書)

著者 :
  • 講談社
3.78
  • (57)
  • (75)
  • (70)
  • (10)
  • (5)
本棚登録 : 759
レビュー : 109
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062198967

作品紹介・あらすじ

AKB48を卒業する高橋みなみが、最後に語る”リーダー論”。

24歳にして、300人以上のメンバーを率いてきたAKB48グループ総監督・高橋みなみ。14歳でAKB48に加入したときは、先頭に立つタイプではなかった彼女が、10年間の活動の中でいかにして現在のような「まとめる力」を身につけたのか。チームをひとつにするコミュニケーション術、心を打つスピーチの秘訣、努力することの意味など、リーダーとしての心得を豊富な実体験をもとに語ります。


【高橋みなみ『リーダー論』 目次 】

はじめに

第一章 リーダーの仕事
総監督は「つなぐ人」

第二章 劣等生でもリーダーになれる
女子3人グループにしがみついていた小学生時代
「前田敦子」にはなれなかった
自分の人生の主人公になるために

第三章 ひとりひとりの理解者になる ―たかみな流コミュニケーション術 基礎編
コミュニケーションの基本は「やまびこ」
ひとりに注意したいことも100人に向かって言う
叱る時には逃げ道を作ってあげる

第四章 ダマをほぐして、チームをつなぐ ―たかみな流コミュニケーション術 応用編
小さな集団の”ダマ”を取る
「母」ではなく、「父」の視点に立つ

第五章 心を掴むスピーチ術
スピーチ七ヵ条
太文字になる言葉をイメージする
聞き手を想像しながら喋る
「……」の間を大事にする

第六章 努力論
一人歩きした「努力は必ず報われる」
「努力」の項目がない成功の方程式はない
努力はかっこ悪いものじゃない

第七章 たかみなイズム
センターはひとり、エースはたくさん
アイドルとして成功したいなら、恋愛はしないほうがいい
弱さを見せられることが、一番の強さ

第八章 AKB48のチーム論
ひとりではかなわないから、チームで戦う
ずっとやり続けたからこそたどりつけた場所

第九章 「任せる」ことがリーダーの最後の仕事
自分ひとりでは、ひとつの考えしか出てこない
グループが変革を起こすためには

おわりに

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • AKBのリーダーとしてどう接するかに限定した話だけではない。後輩としてどう接して欲しい(いた)かや、スタッフとの関係性など、学ぶべき点が多々ある書籍だった。

  • 〈版元PR〉
     AKB48を卒業する高橋みなみが、最後に語る”リーダー論”。
     24歳にして、300人を超すメンバーたちを、ときに厳しく叱咤し、ときに優しく励ましながら率いてきたAKB48グループ総監督・高橋みなみ。14歳でAKB48に加入したときは、人の先頭に立つタイプではなかった彼女が、10年間のAKB48の活動の中でいかにして現在のような「まとめる力」を身につけたのか。メンバーをつなぎ、チームをひとつにするコミュニケーション術、心を打つスピーチの秘訣、努力することの意味や嫌われる勇気を持つことの大切さなど、リーダーとしての心得を豊富な実体験をもとに語ります。本書はAKB48グループのメンバーやファンへ向けた高橋みなみの”総監督としてのラストメッセージ”であると同時に、一般の社会人から学生まで、幅広い世代の人たちに「へこたれずに生きるヒント」を与えてくれる自己啓発書になっています!
    http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062198967

    ISBN:978-4-06-219896-7
    判型:新書
    ページ数:192ページ

  • 図書館でたまたま見つけた。

    なるべくして、総監督になった感じ。

  • まったく期待せず読んだが、自分が大切に思うことと同じことも多く、女性世界特有のものもあり参考になった

  • AKB高橋総監督のリーダー論。思春期の女子集団を取りまとめるための苦労や工夫がいっぱい。
    20代前半だとは思えないほど、しっかりした考えと経験則。諦めず悩み続けて行動してきた人だということが、文章からもよく分かる。
    文中に出てくる通り「太文字」になる言葉がたくさんあって勉強になりました。

  • これってホントにたかみなが書いたの?

    これが最初の感想です。

    いい意味で期待を裏切られた(笑)

    AKB48が世に出た頃から世間一般的な言い方をすると知っています。

    それは、追っかけをやる訳でも、CDを買う訳でも、コンサートや握手会に行った訳でもなく、TVの世界で見るアイドルグループとして知っている程度。

    ただ、そんな彼女達の中では総監督になるずっと以前からたかみなが好きだった。

    そして総監督になってからの彼女は私にはカッコよく写っていました。

    たかみなの事を「母」ではなく「父」と表現していた事も私には納得出来る。

    本当に努力したんだなぁ...

    カッコ良かったよ。

    説明
    商品の説明
    AKB48を卒業する高橋みなみが、最後に語る"リーダー論"。

    24歳にして、300人を超すメンバーたちを、ときに厳しく叱咤し、ときに優しく励ましながら率いてきたAKB48グループ総監督・高橋みなみ。14歳でAKB48に加入したときは、人の先頭に立つタイプではなかった彼女が、10年間のAKB48の活動の中でいかにして現在のような「まとめる力」を身につけたのか。
    メンバーをつなぎ、チームをひとつにするコミュニケーション術、心を打つスピーチの秘訣、努力することの意味や嫌われる勇気を持つことの大切さなど、リーダーとしての心得を豊富な実体験をもとに語ります。
    本書はAKB48グループのメンバーやファンへ向けた高橋みなみの"総監督としてのラストメッセージ"であると同時に、一般の社会人から学生まで、幅広い世代の人たちに「へこたれずに生きるヒント」を与えてくれる自己啓発書になっています!
    内容紹介
    AKB48を卒業する高橋みなみが、最後に語る"リーダー論"。

    24歳にして、300人を超すメンバーたちを、ときに厳しく叱咤し、ときに優しく励ましながら率いてきたAKB48グループ総監督・高橋みなみ。14歳でAKB48に加入したときは、人の先頭に立つタイプではなかった彼女が、10年間のAKB48の活動の中でいかにして現在のような「まとめる力」を身につけたのか。
    メンバーをつなぎ、チームをひとつにするコミュニケーション術、心を打つスピーチの秘訣、努力することの意味や嫌われる勇気を持つことの大切さなど、リーダーとしての心得を豊富な実体験をもとに語ります。
    本書はAKB48グループのメンバーやファンへ向けた高橋みなみの"総監督としてのラストメッセージ"であると同時に、一般の社会人から学生まで、幅広い世代の人たちに「へこたれずに生きるヒント」を与えてくれる自己啓発書になっています!
    内容(「BOOK」データベースより)
    「“努力”はかっこ悪いものじゃない」AKB48グループ総監督が10年間の実体験を元に語る、超実践的リーダー論。まとめる力。
    著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
    高橋/みなみ
    1991年4月8日生まれ。東京都出身。2005年にAKB48の第1期メンバーとして活動開始。2009年にAKB48・チームAのキャプテンとなり、2012年には300人以上のメンバーをまとめるAKB48グループ総監督に就任。活動10周年をめどにAKB48から卒業し、卒業後はソロ歌手として活動する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  • サラリーマンにも参考になる、さすが

  • サラリーマン、社会人にも充分通用する。
    努力論も書かれていて、全体的理解しやすい内容。

  • 2019年7月6日読了。

  • リーダーの5つの仕事
     1)メンバーのことを理解する
     2)ほぐして、つなぐ
     3)導く
     4)手本を示す
     5)任せる

    心を掴むスピーチ術
     1)太文字になる言葉をイメージする
     2)声のトーンで聞くテンションを作り出す
     3)事実を前提に客観的に話し始める
     4)感情ではなく、その感情を抱いた理由を言う
     5)聞き手を想像しながら喋る
     6)「・・・・」の間を大事にする
     7)前向きな言葉で自分と聞き手の両方の気持ちを高める

    女性グループの世界をまとめ上げたたかみな。
    分かりやすくてよかった。

全109件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

歌手、タレント

「2016年 『努力は必ず報われる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高橋みなみの作品

リーダー論 (講談社AKB48新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×