ミッドナイト・ジャーナル

著者 :
  • 講談社
3.69
  • (16)
  • (60)
  • (47)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 301
レビュー : 56
  • Amazon.co.jp ・本 (370ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062198998

作品紹介・あらすじ

「被害者女児死亡」――世紀の大誤報を打ち、飛ばされた3人の記者。その七年後、児童連続誘拐事件が発生。さいたま支局の関口豪太郎はかつての事件との関連性を疑い、東京本社の藤瀬祐里は豪太郎の応援に合流し、整理部員となった松本博史は二人を静観する。間違っているのかもしれない。無意味なのかもしれない。しかし豪太郎は諦めない。タネを撒き、ネタに育て、真実を獲得するため、今日も真夜中に動き出す。
特別な結果を出すのは、いつだって、本気の人間だ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 元新聞記者の小説家といえば何と言っても横山秀夫さんですね。経験に裏打ちされた重厚でリアルな作品群はエンターテイメント性も忘れず、人間ドラマと社会性もふんだんに盛り込まれていて、現役最強と言っても良いのではないかと思っています。問題が有るのはなかなか作品が出ないということぐらいでしょうか。
    で、この本城雅人さんという方、今回直木賞ノミネートだから読んだわけでは無いのですが、横山さんを彷彿とさせる固さと人間ドラマを感じています。いい意味で肩に力が入っていて好感を持ちました。記者としての矜持を反映させたのだと思います。
    事件としての捜査や解決としてのドラマという点では警察ではないのでメインではないと思います。あくまで新聞記者としての生きざまが主役です。捜査そのものに記者がタッチしすぎるとリアリティが無くなるので、これくらい記者魂の部分をクローズアップしてくれて僕としては満足でした。
    続編あるか!?あると嬉しいですね。

  • 7年前に児童連続誘拐事件が発生。その時の「被害者女児死亡」の誤報により、中央新聞の3人の記者は飛ばされる。地方の支局をたらいまわしにされていた、さいたま支局の関口は、再び発生した児童誘拐事件を追う。7年前の事件との関連性を疑い、かつてのメンバーに声をかけて取材を続けると・・・
    さすが元新聞記者であり、リアルな描写。記者の取材方法や、警察との関係はもちろん、新聞社内での部署の役割(整理部)や、社会部VS政治部などは面白かった。

  • 新聞社,警察共に,犯人逮捕の思いがあっても,縄張り争いや出世競争等の足の引っ張り合いが事件の解決を遅らせる.新聞社(マスコミ)の事情がよくわかる.豪太郎の傍若無人な振る舞いに,みんなが振り回されつつ,事件の解決に向かう所が後半畳み掛けるようで良かったが,最後が少しあっけなく,物足りない感があった.

  • 誘拐された少女は無事、救出された。が、中央新聞社は「不明女児、遺体発見か」と、誤報した。誤報の責任で地方局へ飛ばされた記者、関口豪太郎は7年後、再び少女誘拐事件と向かい合う。

    7年前のトラウマを引きずりながら、関口ら新聞記者たちが事件解決へ到達する道のりはドラマチックだ。こうした現場を経て、彼らジャーナリストは「ジャーナル」を作り出し、その重みを父から子へ、先輩から後輩へ受け継いでいく。

  • 中央新聞社会部の関口豪太郎,藤瀬祐里,松本博史が7年前の連続女児誘拐殺人事件に絡んで誤報を出した.誘拐された少女は生存していた.また犯人は2人組だと断定した.7年後によく似た誘拐未遂事件が起こり,豪太郎以下地道な取材活動を展開する.社内での葛藤,警察当局との探り合い.松本は整理部に移動したが,的確な情報から事件の糸口は掴む.最終的には豪太郎の見込み通り最初の事件の片割れが今回の事件の主犯だったことが分かったが,その過程で豪太郎以下,警察官への巧みな取材で彼らの僅かな言葉から真相を突き止める信念は素晴らしいと感じた.記者クラブでの官製発表だけを記事にする輩が跋扈しているとの風評もよく耳にするが,このような記者が存在していて欲しいものだ.

  •  人が力を合わせる。ぶつかり合いながら。
     そういう熱さが好ましい。

     新聞社だけの話じゃない。
     自分たちの職場でも、そうだ。
     

  • マスコミを題材に採った作品は、伝える側の論理に苛立たされることが多かったが、本作の現場描写の説得力には感嘆。
    https://blogs.yahoo.co.jp/rrqnn187/14895782.html

  • ジャーナルとは何か?昔気質な新聞記者たちが7年前犯した失敗を繰り返さないため、そして社会正義としての新聞のためにスクープと真実を取材し記事にする物語。

    ストイックでハードボイルドな記者たちの姿。確かにカッチョ良くも見える。
    だけど、今って、電通社員の自殺があって、文春砲問題に代表される「需要があれば何を書いてもいいのか」って問題もあるんよね。

    そんなご時世に読むと、違和感を感じてしまわざるを得ない。警察官や検察官の自宅について回ったり、事件被害者や近隣住民の家に押しかける記者たちの姿も、この本では熱い記者たちの思いを表しているんだけど、現実は行き過ぎてないか?とも思うわけだし…。

    報道や言論の自由は守りたいと思う派だけど、最近のマスコミは下品かつ、はしたなく、辟易してたところにこの小説を読んで…うーん、新聞ってニュースってなんやねやろ?とちょっと考え込んでいる次第。

  • 調査報道の舞台裏が描かれた一冊。“ ジャーナル ”の意地と執念がひしひしと伝わってきた。
    ストーリーをぐいぐい引っ張るのは、個性豊かな記者たち。取材対象のちょっとした仕草や捨て台詞から情報を嗅ぎ分ける、息詰まる心理戦が止まらない。
    それぞれの取材スタイルによって別々の場所に蒔かれたタネが、じわじわと化学反応を起こす終盤は圧巻! 松本の存在感が光ってた。
    屈折した外山のキャラは、岸部一徳さんのイメージだなぁ…。

  • 新聞記者の仕事の様子が、七年前の事件の背景を追いながら描かれている。

全56件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

本城雅人(ほんじょう・まさと)
1965年神奈川県藤沢市生まれ。明治学院大学経済学部卒業。産経新聞社勤務を経て、2009年『ノーバディノウズ』が第16回松本清張賞最終候補作となり小説家デビュー。2010年同作で第1回サムライジャパン野球文学賞大賞を受賞。2015年『トリダシ』で第18回大藪春彦賞候補、第37回吉川英治文学新人賞候補。2017年『ミッドナイト・ジャーナル』で第38回吉川英治文学新人賞受賞。2018年春に同作がドラマ化される。同年、『傍流の記者』で初の直木賞ノミネート。

本城雅人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
桐野 夏生
月村 了衛
中村 文則
東野 圭吾
又吉 直樹
池井戸 潤
柚月裕子
高野 和明
西 加奈子
三浦 しをん
森 絵都
伊坂 幸太郎
米澤 穂信
奥田 英朗
米澤 穂信
雫井 脩介
東山 彰良
西 加奈子
原田 マハ
ピエール ルメー...
有効な右矢印 無効な右矢印

ミッドナイト・ジャーナルを本棚に登録しているひと

ツイートする